コロナ禍で自営業者はどう生きるか

鍼灸院のある海田町で昨日またコロナ感染者が出たらしい。町内で多分7人目。

そうすると、町内放送で3密は避けろだとか外出するなと大声で放送が始まっています。

そんな放送されたら、自営業者はお手上げです。少なくとも海田町民は外出しなくなるし、海田町で感染者が出たとなると町外からも敬遠されて予約が入らなくなる。

10月にも前半3人感染者が出たのだけど、その時も一気に予約が減ったので予想はしてました。

広島市は地域の特定をしなくなったので「また出たんだな」程度の感想なのでしょうが、海田町は地域の特定がされるので、これからも頻繁にこういう事が起こるのだろうな。

コロナ感染者なんて、これから冬にかけて増えていくのは分かっているのに、発表したり周知する必要性があるのかな。

少なくとも自営業者としては、これ以上住民感情を刺激して欲しくは無いな。

うちの鍼灸院は痛み痺れがある方が来院する場所なので、症状が強い方は我慢が出来なくて来院してくれます。

その点ではコロナ被害はかなり限定的で、7月以降はほとんどコロナで悩んでませんでした。

しかし海田町にコロナが出るたびに大騒ぎをされたら、冬の間は商売はやってられないな。

数日経ったら客足は戻ってくるのだけど、コロナ患者が頻発したらそうも言ってられないわ。

体力の無い自営業者はこの冬を乗り切れない所もありそうだな。

うちの鍼灸院としてはコロナ対策を徹底しながら営業を続けて行くしかないな。

密接は避けられない業種だけど、私自身がコロナに罹らないように健康第一に生きる事も大事だわ。

これ以上コロナが増えないように祈るしか方法は無いけど、増えた場合は腹をくくって収まるまでじっと耐える事にしよう。

コロナが増えた冬時間にしておくこと

コロナが増えたらまた春先のように、で遊ぶしかないな。

春は原木椎茸作ったり・タケノコ堀りに出掛けたり・梅干し作ったりして遊んでました。

冬は果樹の剪定だな。30本ある果樹を剪定して回ろう。

加えて、柿の木が4本あるのだけど、大きくなり過ぎて高枝切り挟みでも取れないものは、下から切ってしまおう。

チェーンソーを使ったとしても、細かく切って行くには何日も掛かる。それを2.3本するとなると時間を要するものな。

楽しんで遊んでいたら、そのうち客足戻って来るでしょう。

1月・2月がピークだろうから、そこを過ぎるまでは楽しい事して遊んでます。

グダグダ文句言っても何も進展しないので、客足鈍いなら楽しまなくちゃ損だわ。

さあ、明日は定休日だ。しっかり遊んでリフレッシュして来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆうこん堂鍼灸院
◎住所   広島県安芸郡海田町南本町6-3コーポタカヤマ101
◎電話   0825552099
◎定休日  水曜日(詳しくはHPで確認下さい
◎駐車場  1番と2番
◎ご予約 電話及びLINEからのご予約も可能です。

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事