◆常識の遥かに上を行く変人たち

世の中には常識を疑うような人間が沢山います。

常識だとか思慮分別みたいな言葉は突出できない凡人の言い訳なので、抜きん出てる人間の方が間違いなく凄いのです。

当院へはそんな常識を疑うような人間が沢山来院します。

いつも私が言っている変人たちです(一応言っておくけど変人は愛称ですからね)。

今日の変人は先日東京は神宮外苑で行われた24時間マラソンの完走者です。

24時間マラソンとは言葉の通り、「24時間で何キロ走ることが出来るかを競う変人のエリートが集まる大会」です。

24時間寝ないの?とか休憩はどうするの?と考える人間は常識人です。

一般常識で測れないから変人と呼ばれるのです。ひたすら寝ずに走り続けます。

よくテレビで芸能人が24時間で100㎞走る番組やってますよね。

毎年ワープしたとかタクシー乗ったとか言われてる奴。

あれも撮影がある前の数か月は練習してから走ります。

初心者が24時間で100㎞走るのって相当大変ですよ。

では、ガチで練習しているランナーが24時間走るとどうなるのか。本日いらした彼の例を見て考えてみましょう。

 

 

◆24時間戦えますか?

今回、彼が24時間で走った距離は208㎞

24時間一度も眠ったり横になったりしてません。

ずっと走っているか補給をしてるかトイレに入っているかのどれか。

補給中は冷え防止の為に自分でココアを作ったりして飲んでいたようなので手間も掛かります。

それが無ければもっと沢山走れたでしょう。

208㎞と言えば1時間当たりに換算すると約8.7㎞。

補給やトイレタイムを考えるとキロ6分をちょっと超えるペースで延々走り続けた計算になります。

プロ選手じゃないですよ、ちゃんと仕事をしてる普通の人間(当たり前か)。

賞金も出ないし観客もほとんどいない。

貰えるものは記録賞だけ。それなのに24時間走り続ける精神力は大したものです。

彼のモチベーションを支えているものは変人の称号なのか、それとも心に巣くう矜持なのか。真相は彼の心の中にだけあります。

面白いのは上には上がいて、優勝者は260㎞以上走っています。

1時間に10㎞以上、それを24回連続で繰り返しています。

走ったことのない一般人にはその凄さがイマイチ理解して貰いにくいことが淋しい。

人間鍛え方次第で突出した能力が身に付くものですね。実生活には全く役に立たないけど。。

◆自分の限界を超える事が喜びなのよ

結局この人たちが勝負をしているのは他人じゃなくて今の自分なのよ。

今の自分よりも少しでも上に行ける事が楽しくて仕方が無くて練習を重ねてレースに出るの。

誰でも今の自分に満足はしてないと思います。限界のちょっと先へ、それが人間を突き動かす原動力になるのです。

私も心房細動が治って走れるようになった事は非常に嬉しいのだけど、やっぱり今よりももう少し動けるようになりたいです。

24時間マラソンなんて私には無理だし走りたくもないけども、どこかで今の自分を超えたいと強く思っています。刺激を受けた一日でした。

一般常識を持ち合わせた普通の方は24時間マラソンなんて挑戦しちゃ駄目ですよ。

身体に悪いだけです。ウォーキングやランニングは身体に良いとされていますが、せいぜいが月間150㎞まで。

それ以上走っている人は確実に身体にダメージが蓄積されています。

無理せず継続できる運動を行って下さいね。沢山走る人はケアが必要です。

当院のような優秀な鍼灸師がいる鍼灸院を選択して身体の回復を図って下さい。

当院は変人の話なら事欠きません、身体のケアをしながら変人話を楽しんで帰って下さいね♪

 

ゆうこん堂鍼灸院
◎住所   広島県安芸郡海田町南本町6-3コーポタカヤマ101
◎電話   0825552099
◎定休日  水曜日(詳しくはHPで確認下さい
◎駐車場  1番と2番
◎ご予約 電話及びLINEからのご予約も可能です。

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事