頭へも鍼を打つのです、頭痛には首と頭の鍼をセットで行います

院内の掃除は先が見えてきた

先週から取り組んできた院内の大掃除。今ある物を半分に減らすぞと意気込んで、端から捨てる作業をしてきました。

お陰で目処が立ってきて、半分には減らせてないけど何とか収納できるようになってきました。お客様目線で院内を見渡すような事がこれまで無かったので、知らず知らず部屋に物が溢れてしまっていたのですね。

今はベッドに寝転がって、施術室がどんな風に見えるのか確認しながら配置を行っています。美的センスとか統一感とか全く無いのでまだ自信は無いのですが、これからお客さんの意見を取り入れながら部屋を変えて行こうと思っています。

まだまだ幾らでも改善の余地はありますからね。ゴールなんて無いので、これから部屋が変わっていくのが楽しみです(笑)

頭鍼の威力を思い知る

鍼もお灸もどんな場所にでも打てるのです。私は基本的に鍼を中心に使うのだけど、頭のてっぺんから足裏まで打てない場所はありません。

鍼を刺すと肺に穴が開くのではとか、首に刺すと死んでしまうのではと心配されている方がいるでしょうが、基本的にはどこでも打てます。勿論、胸部に深く刺せば肺に穴が開くこともありますが、そんな基本的なミスを犯す鍼灸師はいませんよ。

なので私は一人のお客さんに対して全身に100本近く鍼を刺すのですが(刺さっている鍼は常に1本。1回1回抜いては刺すの繰り返しです)、最近は頭に鍼を打つことが多くなりました。

頭にも鍼を刺すのです。え、頭蓋骨があって打てないの?と思う方も多いのでは。

そうですね、鍼を真っすぐ刺せば1㎜も刺さない内に頭蓋骨に当たります。それを皮膚に這わすように刺せば1㎝以上鍼が入るのですよ。

頭痛持ちの方にはこの頭への鍼が大好評で、毎回施術が始まる前に「頭にも鍼を刺して下さいね」とせがまれます。

頭痛の多くは首をほぐす事によって改善されることが多いのですが、それに加えて頭にも鍼を刺すとかなりスッキリするのです。

頭への鍼は痛みもほとんど無いし、気持ちが良いですよ。足裏への鍼は嫌な痛さなので敬遠されがちなのですが、頭への鍼はスッキリするし頭痛も改善されるしで喜んでもらえます。

鍼灸って何をされるのか分からない・おまじないみたいで効果が無いと思う方も多いようですが、効果があるからこそ生活圏内に沢山の鍼灸院があるのです。

踏み出す勇気も必要ですよ!とは言ったものの、うちの鍼灸院も8割以上が口コミで来院されるので、やはりネットの宣伝だけでは難しいですよね。良いのです、何となく鍼灸も頭痛に効果があるのかもと薄っすらとでも思って頂ければ。

鍼灸院によって得意分野は違っていて、内臓疾患が得意な鍼灸院もあれば、眼科・婦人科に特化した鍼灸院もあります。今時どこの鍼灸院もホームページぐらい持ってますから、そこをよく確認してから足を運んでみてはどうでしょうか。

病院に行っても改善されなかった症状が、思わぬ効果で好転することもあるかも知れませんよ。皆様に鍼灸の良さを知ってもらえるよう、これからは施術内容にも触れて行きたいと思います。

掃除ばかりしてる訳じゃありませんよ、院内を綺麗にしながらもちゃんと仕事もしてるのです(笑)

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事