◎鍼灸は何故身体によいのか

なぜ鍼や灸をすると楽になるの?と皆様から質問をいただきます。

これについては諸説ありますが、私なりの回答をさせていただきたいと思います。

 

自然治癒力を引き出すのが鍼灸

人間の身体には隅々にまで血管が行き届き、血液が流れています。血管の総量を繋ぎ合わせると地球を2周半する程の長さになるのだとか。その血管のほとんどは毛細血管と言う髪の毛よりも細い血管で出来ています。この毛細血管は非常に細くあちこちで分断されてしまっています。

血液は体中に酸素と栄養素を運び、心臓に帰る時にはいらなくなった二酸化炭素と老廃物を持ち帰る非常に重要な役割をしています。

何らかの原因により、ある部分の(多くは毛細血管の)血液の流れが悪くなると(これを東洋医学では「於血(おけつ)」=血液が滞る事 と言います) そこには本来供給されるべき酸素や栄養素が供給されなくなるばかりでなく、必要の無い老廃物が溜まってしまいます。

そうすると滞った場所が硬くなったり冷えを感じるようになります。皆様が痛みを感じる部分を触ってみると、コリコリと硬かったり冷たかったりする箇所があるでしょう。そこが血が滞っている部分です。

鍼治療

鍼や灸を行う部位は、正にこの硬くなってしまった部分に対して威力を発揮します。

鍼をすると血が出たりはしませんが、ミクロ単位では細胞をわざと傷つけています。身体は対外から異物(鍼)が進入してきたことに対して、異物を追い出そう・傷ついた細胞を修復しようとそこに血液を送り込みます。

そうすることにより、滞った血液の流れを良くし、充分に栄養素を行き渡らせることであなたの自然治癒力を引き出しているのです。

鍼灸治療が終わった後に身体が温かく感じたり、かえって重ダルく感じたりすれば、それは正に身体が反応している証拠。

血流がよくなり鍼を打った箇所にせっせと血液が集まっている証拠です。

そう、つまりは私の鍼とお灸は皆さんの治す力、「自然治癒力」を引き出すお手伝いを させていただているだけなのです。

西洋医学ではお薬や注射で体の中に異物を入れることによって、身体の中で悪さをしているウィルスや細胞を抑え込もうとします。

しかし東洋医学では鍼とお灸によって元々体内にある自然治癒力を刺激しているのです。

なので反応が表れるまでに多少時間が掛かります。しかし逆を言えば身体にとっては優しい刺激であると言えます。

 

鍼灸で健康を取り戻す

 

定期的にメンテナンスにいらしていただくことにより、あなたの自然治癒力を引き出し、 病気になりにくい身体・回復力の早い身体を取り戻して差し上げます。

鍼灸施術を行った直後は身体が重たく感じます。ガンガンに運動をした後のようなダルさです。

そうなったら血液が動き始めている証拠です、施術後はまっすぐ自宅に戻って栄養を摂った後はお昼寝して下さい。

翌日も身体のダルさを感じますが、お昼くらいから身体が楽になっているのを感じるハズです(高齢者や極端な運動不足の方は翌日1日、中には翌々日までダルさを感じる方もいます)。

症状が強い方・長引いている方は間隔を短くして何度かお越しください(3日に1回くらい)。

その後、症状が改善して行けば、段々と間隔を空けて頂いて構いません。お悩みの症状を一緒に改善して行きましょう。

あなたのお役に立てるよう、お力添えをさせて頂きます!

 

ゆうこん堂鍼灸院
◎営業時間 月~金 9:00-12:00 15:00-20:00  土曜 9:00-18:00
◎住所   広島県安芸郡海田町南本町6-3コーポタカヤマ101
◎電話   0825552099
◎定休日  日曜日(詳しくはHPで確認下さい
◎駐車場  1番と2番

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事