施術にストーリーを付ける作業

最近力を入れているのが新規のお客様にどれだけ鍼灸について理解してもらうかって事。

ゆうこん堂はほとんどの方が紹介でいらっしゃるし、ある程度ホームページやブログを見てから来てもらっているので当院についての予備知識はあると思うのですよ。

だけど新規の方には事前に時間をかけてしっかり説明を行うことを最近の常としています。今のお客様の体はどういう状態にあるのか、そこへ鍼とお灸をすると身体がどう変化するのか、鍼灸の作用機序はどういったものなのか。

ただ鍼を打たれるのと、理解して鍼を打たれるのとでは雲泥の差があると思うのですよ。ここ数年、そこを疎かにしたのが間違いでした。施術時間を45分間と区切ってしまった為、細かい説明が出来ずにいました。

今年から新規のお客様には最低60分の施術時間を用意して、説明に力を入れています。それによってリピート率も上がったし、何より鍼灸施術を理解して貰えるので助かってます。

この新規客に対してしっかり説明をすることを、私はストーリーを付けると言ってます。食べ物も産地や旬の情報を頭に入れればより美味しく感じるものです。鍼灸の作用機序を知らなくても施術は受ける事が出来るけども、より情報を入れてあげた方が鍼灸に対しての理解力が増えると信じています。

どうしてここを疎かにしてしまったのかと後悔していますが、お客さんが多くなると細かい気配りをしなくなってしまうのです。後悔しても仕方が無いので反省の上、しっかりと説明することを心掛けています。

鍼灸に関してよく分からないまま、家族や友人に行ってみろと後押しされて来院された方は何が良くでどんな事をされるのか分からないまま来院される方も多いので、やはり説明は重要ですね。

開業して11年も経つのに、こんな単純な事に今更気付いている私です。日々反省と気付きがあって、毎日面白くやってます。

よく喋る鍼灸師だと思われているでしょうが、説明して理解してもらう事は大事なので、これからも続けて行きますよ!

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事