当たり前を継続する。を今年の目標にして継続する力を身につけます

全てを捨ててしまいたくなる衝動と戦ってます

2月から始めた「鍼灸院内にある物を半分に減らす」企画。施術部屋はほぼ思い通り減らすことが出来たのだけど、今度は待合室が気になっています。

とりあえず風呂場や引き戸などにあるものは整理したのだけど、今度は壁のPOPが気に入らなくて昨日全て外してしまいました。スッキリと物のない状態にするのは中々難しいものです。

POPなんて鍼灸院側からお客さんへの売り込みなので、無ければスッキリするのは分かっているのだけど、アピールしたい助平心が邪魔をしてしまうのです。

POPを外してみると、今度は壁紙が汚れているのが目立ってしまいます。施術室は1年半前に壁紙を塗り直したのだけど、今度は待合室もかな。一度やったのでノウハウは分かっています。時間を見つけて塗り直そう。

本当は待合室にある本棚やカルテ台なども全て捨てるか隠すかしたいのだけど、十分な収納も無いのだし、極端な事をして後から後悔するのも嫌なので我慢してるところです。

綺麗に飾ることが出来ないなら、せめてスッキリと視界に余計な物が入らない状態にしたいのです。今年中に理想の状態に持っていける事が今の目標。施術部屋も完成形では無いので、時間を見つけて少しずつ片づけて行きます。

勘違いされないように書いておきますが、私は神経質でも掃除好きでもありませんよ。ただ、人を招き入れて商売させて頂くからには、なるべく居心地の良い空間を作りたいだけです。センスがないならせめて掃除しろよって事で頑張っているだけです。

開業11年も経過すると物は増えてくるし段々と掃除も適当になってしまいます。それでは年数が経過する毎に汚れてしまうので、今年1年かけて改造中なのです。

今年の目標は「当たり前を継続する」これに尽きます。

当たり前を継続する

今年の目標は「当たり前を継続する」としています。

毎日のトイレ掃除、玄関掃除、掃除機掛け、アイロン掛けなど部屋にお客様を招き入れるのなら当たり前。

初めて来院された方には「来院ありがとうハガキ」、知り合いを紹介して下さった方には「ご紹介ありがとうハガキ」を出す。これも当たり前。

鍼灸を初めて受診される方には何故鍼灸が良いのかを時間をかけて説明する。これも当たり前。

商売をして行く上で、当たり前のことは沢山あります。しかしこの当たり前を継続させるのが中々難しい。何度も挫折しながら現在に至っています。それを継続して行くのが今年の目標。

毎日継続させること。毎週継続させること。毎月継続させることを一覧にしていて、時々チェックしながら今年1年やっていきます。当たり前のことが当たり前に出来る大人になりたいな。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事