夏場の逆子は治りにくい

まだまだ暑さの抜けない日々が続いてますね。

本日で8月も終わりと言うのに、まだ当分この暑さは続きそうです。

体調管理に気を付けて、厳しい残暑を乗り切って行きましょう!

今年の夏で一番苦労した事。それは「逆子治療」です。例年夏時期は逆子で苦労される方が多いのですよ。

今年の夏も7月くらいから急激に来院数が増え、お腹を抱えた妊婦さんが汗を流しなが来てくれていました。

当院では逆子治療はお灸がメインとなります(鍼も使います)。

外気の暑さと大きなお腹に振り回されながら当院にやって来てせっかく涼しい治療院の中に入ったら今度はお灸

何故にこんなに攻め立てられるのかって感じですよね。それでも皆さんせっせと通ってくれていました。

当院の逆子が直る確率って上半期(1月~6月)はかなり高かったのです。

それで私も妻も結構自信を深めてまして、1回でも直ることも多いけど、3回通って貰えりゃあ当然結果は出せますよというスタンスでいたのです。だって結果が物語ってますから。

なので夏場に入っても余裕をかまして対応しておりました。

いつものように鍼を打ったりお灸をしたりするのだけれど、うん?何だか手ごたえが薄い。

でもまあ一回目はこんなもんだと思いながら2度3度と来院して貰うのだけれど、結果が出ない方がいる。

もう施術するこちらが汗ダラダラですよ。何故だ?ナンデだ?って感じです。

よくよく考えてみると今年の夏は異常な暑さで例年にも増してエアコンを効かしたり冷たいものを取ったりで身体が冷えていたようです。

 

エアコン

 

◆もっと施術方法を検討しないと

それにプラスして、いつもなら妊婦さんも歩くことが重要だとしっかりと説明しているのですよ。

でもこの暑さで歩けって酷な話ですよね。

8月も末になると何度も通ってくれているにも関わらず、逆子が直らずにいる方が数名いらっしゃいまして、申し訳ないやら悔しいやらで居たたまれない日々を過ごしていました。

普段はストレスフリーの職場ですが、結果が残せない時にはかなりのストレスを抱えてしまいます。

今回の私の敗因は大仰に構えていて治療内容を修正するのが遅れた事と、この暑さを考慮していなかった事ですね。

逆子が直らなかった方々、真に申し訳ありませんでした。

来夏は今回の件を踏まえて対応させて頂く所存でおります。この苦い経験を忘れないようにしなければ。。

今回は恥を忍んで上手くいかなかったケースを発表させていただきました。
人間のやることですから100%はありえないのですが、少しでも確率を上げるべく日々精進しております。

今日よりも明日、1年後・10年後に対応出来るようしっかりと努力していきたいと思います。これからもどうぞ宜しくお願いします!

 

 

ゆうこん堂鍼灸院
◎住所   広島県安芸郡海田町南本町6-3コーポタカヤマ101
◎電話   0825552099
◎定休日  水曜日(詳しくはHPで確認下さい
◎駐車場  1番と2番
◎ご予約 電話及びLINEからのご予約も可能です。

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事