今年いっぱい日曜日を営業日にして需要を図ります

日曜日は子供たちと遊ぶ貴重な時間だったのに

開業以来11年半、日曜日は子供たちと遊ぶ貴重な時間でした。本当毎週のように出掛けては、朝から晩まで遊び倒しました。どんなに土曜日が忙しくても日曜日の楽しみがあるのに頑張れてました。

それが娘が中学生になって急に途絶えるなんて思ってもみませんでした。イヤ、違うな。何となく予感はあったのだけど、怖いので考えないようにしてただけか。

部活動が始まった娘は土日も練習。しかもそれが終わったら友達と遊ぶのに忙しく、全く遊んでくれなくなりました。小学生の息子も友達と遊ぶのが忙しく、急に遊んでくれなくなったのです。

そうなると、あんなに楽しかった日曜日が何をして良いのか分からない日になってしまい、暫く苦しみました。ランニングをしてた頃にはトレイルランをするのに8時間くらい山の中を走っていたのに、今は心臓悪くて普通にランニングする事も出来ないこの身体。

畑仕事をしだしてからは時間の使い方が分かって来たけど、日曜日を選んでするような事でもなし。一人で遊ぶに行くなら日曜日じゃなくても平日で良いのですよ。

それでも日曜日は子供たちの行事が入る事も多いので大事にしていかねばと思っていたのだけど、行事がある時には休ませてもらえば良い訳で、営業日にしても良いんじゃない?

と考え始めたのがつい最近の事。土曜日にこれだけ需要があるのだから、日曜日も需要があるんじゃない?

とは思うものの、これまでやったことが無いので需要の有無が分からず。ならば今年いっぱいやってみようと、年内日曜日も営業することにしました。

暫定的に日曜日も営業とします

需要があるかどうかを確認する為に、年内いっぱいは日曜日を営業日としてみます。

需要があるようなら来年以降も継続するけども、入りが悪ければこれまで通りお休みとします。浸透するまでに時間が掛かるのは分かってるけど、誰も来ないのじゃあ淋しいだけだもの。

まだ平日のお休みは決めていないので、今年は全て営業日となります。予約を上手く誘導すれば良いので、本当は定休日なんて設けなくても良いのだけどね。

鍼灸院は掃除さえしとけば急な来院があっても何とかなるもの。仕込みや準備が必要な職種と違って、私が鍼灸院に居れば何とかなるのです。

これまでも日曜日・祝日であっても「私が鍼灸院及び自宅に居る場合には予約を受ける」事にしていたので、これまでとほとんど状況は変わらないのだけどね。

畑も近くにあるので、行動範囲が狭いのよ。平日に休みが取れれば遠くまで足を延ばせるので、嬉しいのだけどね。子供たちが遊んでくれなくなったのは本当に淋しいけど、これも成長過程において当たり前の事なのよね。

とりあえず暫定ですが、日曜日も営業していますので皆様どうぞお越し下さい。誰も来てくれないと、私スネちゃいますから。

子供たちの行事がある時にはお休みを頂くので、その辺どうぞヨロシクお願いします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事