三脚で自撮り写真撮影会。自分の写真が無いのは寂しいのだ

三脚で自撮り写真

最近Instagramを始めたせいもあって写真を撮る機会が増えています。一時期子供たちが写真を撮らせてくれなくなってカメラを手にすることが少なくなったのですが、野菜を育てる工程を撮ったり外食写真を撮ったりも楽しく感じるようになりました。

ついでに自撮り写真もやってみようと三脚を持ち出してきて、本日は午後2時から1時間空きが出来たので自撮り撮影してみました。

部屋が少し綺麗になってきたので、物が写り込まないのが良いですね。思ったように上手には撮影できなかったけど、これも練習です。またちょくちょく自撮りしたいと思います。

アラフィフのオッサンの写真に需要があるかどうかは疑問ですが、やはり自分の頭の中のイメージに合わせるのには自分で撮影するしかありません。何でも楽しんでみるのです。

鍼灸道具なんかも紹介して行きたいので、暫くは三脚で遊べそうです。今度の沖縄旅行にも持参しようかしら。この調子で行くとスマホで自撮りが出来る「自撮り棒」とか買って撮影することになるかもね。それはそれで面白そうだけど(笑)

自分の写真を持ってない

大体の世のお父さんは同じ思いだろうけど、自分の写真って本当に少ないのです。

子どもの写真や子供と一緒に写っている嫁さんの写真は幾らでもあるのに、誰もオレの事を撮影してくれて無い( ノД`)シクシク…

2週間のカナダ旅行でも、撮影してと嫁さんにお願いした写真以外ほぼゼロ。ホームページやブログで自分の写真を使おうと思っても、使える写真が無いのです。

だから自撮りですよ。誰もオレの写真になんて興味が無いのだから、せめて自分で撮影しなくちゃ。世の中でこんなことしてるオッサンは自営業者ぐらいだろうな。お気楽な仕事だぜ、鍼灸師って。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事