キャンセルを利用して写真撮影会

朝一番のお客さんからキャンセルが入ったのが7時過ぎ。

咄嗟に考えたのが写真撮影会。鍼灸院のInstagramがあるのだけど、うちは鍼灸専門で鍼とお灸が意外に道具が無いし美容鍼もしないので撮影するものがほとんど無いのです。

ならば、せめて鍼とお灸だけできちんと撮っておこうと始めたのだけど、如何せん嫁さんはパートに出ていて私一人。三脚でカメラを固定するものの、本当に撮りにくい。

コンデジの性能も大したことないし、どれも暗い写真ばかりになってしまいました。こういう時にええカメラが欲しくなるのよ。一眼レフのでっかい奴とか。

でもカメラのプロから言わせると、良い機材を持っていても使いこなせなかったら安物カメラと同じとの事。綺麗に撮影するセンスも無いので、高いカメラを持っても宝の持ち腐れかな。

今度嫁さんがいる時にもう一回撮影に挑戦してみよう。

まずは鍼からお見せします

せっかくなので本日撮影した写真をご紹介してみます。

今日はお試しってことで、また撮り直すけどこんな感じ。

思ってたより鍼は細いしお灸は小さくないですか?

当院では鍼は20種類くらい用意してます。その方に合った鍼があるので、施術をしながら刺激は調整します。なので、痛くて我慢出来ないって事はありません。細い鍼は髪の毛とほぼ同じ太さですよ。

持ち手が赤い鍼とその上の鍼を比較してもらうと、太さの違いが分かるかな?この2本はかなり太さが異なります。太い方が効果が高いとは言わないけど、ある程度刺激を入れた方が次の日の効いてる感が違います。

注射針とは違うので、太くはありません。こんなに細いものが身体に刺さるのかとよく聞かれるけど、大丈夫、刺さりますよ。効果は試した者のみぞ知る、まあ一度来てみて下さい。

お灸はじんわりと温まります

せんねん灸ってありますよね。台座が付いててシールで貼り付けるやつ。当院ではお手軽な台座灸は使いません。

誰でも出来る台座灸はご自宅でご自身で行ってもらいます。当院で利用するのは私自身が一つずつ捻って(丸めて)作った艾(もぐさ)を利用します。米粒大です。

これでも全部焼き切ると熱いので、途中で火を消して使うのです。ほんのりとした温かさが感じられます。足元まで温かくなるので女性には大人気です。鍼が怖いと言う方はお灸のみのコースもありますよ(笑)

艾(もぐさ)はヨモギから作られるのです。ヨモギの薬効成分と体の奥に浸透する熱刺激で身体に直接働きかけます。これも体験した者にしか分からない味わいです。

本日の失敗作

自撮りはセルフタイマーで行ってみました。光が足りなくて暗い写真になりました。

加工したので一応明るく見えるけど、全然ダメ。

良いオジサンに見せようと、ぬいぐるみを持ってるあざとさが透けて見えます。

本日の教訓を糧にして、また次回撮影してみよう。いつもこんな事して遊んでる訳じゃありませんよ。でもこういう時間を大いに楽しんでいます。今日は良い撮影会でした。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事