運動選手に再度力を入れて行きたい

私が月間300㎞野山を走っていた頃には、ランナーが沢山来院してくれていました。レースで顔を合わせたり練習会に参加したりとお会いする機会も多かったですし、ランナー繋がりで新規客が来院することも本当に多くありました。

そうすると他の運動競技を行っている選手も自ずと増えてくるものです。アスリートの多い鍼灸院として当時は有名だったのでは無いでしょうか。

それが私が心房細動になってからは全くランニングが出来なくなり、当然の結果としてレースにも練習会にも参加することなくなりました。施術の最中にも練習の話も少なくなり、徐々にアスリートが減って行きました。現在は当時の半分くらいしか運動選手が来てないのじゃないかしら。

今はまだ心臓の調子が悪くてランニングは出来てませんが、それでも運動選手が見たいと言う気持ちを失った訳ではありません。ただ、ランニングが出来なくなった直後はその事が辛くて落ち込んでいたことは確か。運動の話になるとトーンが落ちて盛り上がらなくなっていました。

今も心臓が本調子では無いのだけど、新たに畑仕事と果樹の剪定の趣味を見つけ毎日昼休憩は畑に日参する日々を送っています。畑への行き帰りはウォーキングで消費量を増やしながら毎日楽しんでいます。

元気になって来ると、また以前のようにアスリートを中心に施術をしたい気持ちが芽生えて来ました。体力は落ちてしまったけど、気力は充実。また以前のようにガンガンにアスリートと対峙して施術を行いたいのです。

それに向かって特別何か宣伝をしようとは思ってません。以前に比べて半分に減ってしまったアスリートのお客さん。この方たちを満足させることによって、また以前のようにアスリートが来院してくれるようになると信じています。

元々うちは大掛かりな宣伝とは無縁の小さな鍼灸院。以前と同じように目の前のお客様を丁寧に施術して行けば、自ずと評判は上がって行くと信じています。ようやく前のように気力が戻ってきて、やってやるぞと言う気持ちになってきました。

運動が出来ない辛さを思い知った分、これからの施術には尚の力が入るであろうと信じています。さあ、アスリートの皆様、以前の私が帰って来ました。一度我が鍼をお試し下さい。他所の鍼灸院では決して味わえない施術なので、驚くと思いますよ(笑)

当院は全身に鍼を打ちます

アスリートの方に一つ心構えを。

当院では痛い箇所だけに施術をする部分治療は行っていません。ふくらはぎが痛いからと言って、ふくらはぎばかり施術をするのは「木を見て森を見ず」で大局が掴めません。

よって身体全体を施術して行きます。なので男性はパンツ1枚になって頂きます。時折恥ずかしいからと競技用パンツを持参されるお客様もいらっしゃいます。勿論それでも問題ありません。

女性の場合はアスリートは必ず短パンになって頂きます。持参されない場合には当院にて用意してありますので問題ありません。上は伸縮性のあるTシャツなどなるべく肩回り・肩甲骨周りを診る事が出来る格好で来院して下さい。マッサージと違って地肌に鍼を打つので、着飾って来られると大変困ります。枯れたオッサンに恥ずかしがってる場合じゃ無いので、なるべくラフな格好での来院をお待ちしています。

勿論、着替えを持参してお着がえして頂いても問題ありません。上下共に施術着は用意してありますので、そんなに考え込まなくても大丈夫ですよ。

アスリートの来院を心よりお待ちしています♪

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事