7年ぶりに来院した4人の共通点は何だったのか

こんな患者さんがいらしてます

新規客と久しぶりのお客さんばかりだった

あっという間に3月も半ば。このブログ、今年に入ってから5回しか更新していないにも関わらず、去年よりも読んでる人が多いのは何ででしょう。

今年の冬は寒かったですね。寒くなると客入りが減る当院なのですが、今年の2月もご多聞に漏れず既存のお客さんの予約は少なかった。月に1回とか2回来院してくれるコアなお客さんが減った代わりに、ご新規さんと久しぶりのお客さんが多い変な月となりました。

通常月は15人新規客がいらっしゃると多い方だなと思うのですが、2月は20人超え。特に後半の少し暖かくなってきたなと思った頃に固め打ちで新規客が来院されました。20人超えると名前覚えるのも大変ですよ。

もう一つ驚いたのは、7年ぶりに来院されるお客さんが4人も居た事。7年ぶりの方が4人同時に同じ月に来院されるなんて初めての体験でした(3年ぶりの来院も2人いらっしゃいました)。

全員男性で、4人中3人は一度きりで来院しなくなったお客様です。来院されなくなった後も、年賀状は送っていたし、忘れられないように何度かハガキを出した覚えもある。だけど全く反応の無かったこの4人。

既に7年経過しているので全くやり取り無し。年賀状さえ出していないのに何故に急に来院されたのか。検証してみました。

 

男性の継続受診率は低い

いつも思うのですが、男性の特に社会人の通院率は低いです。定期的に運動をしている方なら来院率はグッと上がるのですが、単純に肩こりや腰痛で来院される男性は少し良くなれば全く来なくなるので月に1回来院される方は女性に比べて随分と少ないです。

継続受診の必要性を説明したりもするのですが、本当に悪くなるまで受診しないのが通常です。なので1年に1回しか来院しないと言う方は結構多くいらっしゃいます。

それに比べて女性は定期的に通院してくれる方が非常に多いです。男性の方が早く死ぬのは自分の身体にお金と時間を掛けていないからではと本気で思います。マツダの工場勤務の方や陸上自衛隊など身体を酷使してるでしょうに、本当に痛くてどうしようも無くならないと来院してくれないので困ったものです。

男性も鍼灸院利用しましょうよ。来院してくれれば楽になりますから。定期的に来院してくれれば今よりはずっと快適に仕事も日々の生活も送れますよ。

 

 

7年ぶりに来院してくれた4人

4人から施術中に何故来院しようと思ったのか、聞いた事をまとめてみました。

 

昔のアルバイト仲間

4人中1人は何度か来院してくれた子でした。その子は私が会社を辞めて旅行三昧の日々の途中で少しだけやったアルバイト仲間でした。年は20歳以上違うけど、私が鍼灸院を始めたと聞いてやって来てくれていました。残念ながら引っ越しして通える場所では無くなったのだけど、近くの整体ではどうしようも無いほど痛みが出たとかで、久々にやって来てくれました。

この子の場合は引っ越しが引き金となっているので分かりやすい。単純に近場で知り合いがやっていたので来院してたけど、遠方になってしまったので足が遠のいたと言うことです。

 

部活動と大学で阻まれた来院

もう一人は大学生。お母さんは今でも来院してくれています。高校の時に1度来院してくれたのだけど、部活が忙しくて来院出来ず(学校が遠方で休みが極端に少ないクラブ)。大学は県外となり通えない場所となりました。たまに広島に戻ってきても、友達と遊ぶのが忙しくて中々来院出来なかったのだとか。気に入ってはくれていたみたいでいつか行こうとは思っていたようです。今回、大学卒業して帰省したタイミングで来院してくれました。卒業後は東京に行ってしまうらしいので、また会えなくなるのが残念です。

 

50代の保険外交員

商談で月間300㎞以上車に乗る生活を続ける保険外交員。奥様は開業当初から来院してくれており、そのご紹介で7年前に来院されました。当時は鍼が相当怖かったようで汗を流しながら施術を受けておらたのを覚えています。

いつもはマッサージに行くのだけど、腰痛が酷くてどうしようも無くなり、今回重い腰を上げて来院して頂いたのだとか。奥様に行って来いと蹴り出されたのかどうかは確認していませんが、前回と違ってすんなり受け入れて頂きました。既に何度か再受診して頂いています。

 

60代の高速道路収受員

この方も1回のみの来院。息子が高校の3年間当院に通っていて息子さんの送迎で何度も来院して頂いていました。自身も腰痛があり一度だけ受診。とにかく鍼が怖くて、鍼が刺さっていると思うだけで汗が止まらなかったと仰っていました。

怖くて仕方が無くて来院しなくなったけど、今回腰痛で立てなくなり整形外科→整体と通院したけどダメで決心して来院してくれたとの事。3回受診した時点で腰痛が改善し、一旦終了となりました。今回の受診では途中で寝てしまうほどリラックスされてました。当時とは全く違った反応に私自身がビックリでした。

 

 

4人に共通している事

 

 

 

 

7年ぶりに来院した4人の共通点、それは男性だと言うことが1点。上記のように男性は定期的には来院してくれない事が多いので、これは大きいですね。

それともう一つは4人中3人は家族が当院に通ってくれている(くれていた)こと。どこの治療院に行こうかと考えた時に、やはり身内や知り合いが行っている治療院を選択することが多いですよね。7年間当院を忘れていても、自分の調子が悪くなった時に思い出したのが前に行ったことのあり、家族が通っている当院だったようです。

残りの1人も私自身の知り合いなので、今行っている整体ではダメだと思った時に私の顔を思い出してくれたのでしょう。

治療院はハードルが高いですからね、少しでも知っている治療院があれば余程悪い印象で無ければそこを思い出すものでしょう。7年ぶりに思い出すってちょっと間が空き過ぎだとは思いますが、それでも7年ぶりに思い出してくれて来院してくれるなんて、光栄なことではありませんか。

今回のような事は滅多にないだろうけど、想い出に残る珍記録となりました。

 

 

一人一人に対して真剣に向き合う

当たり前のことだけど、まずは一人一人に対して真剣に向き合う事が治療家に求められることです。

私は一時期リピート率を上げる事に躍起になっていたのですが、自分の持てる力で施術させて頂いてそれに対してしっかり説明出来ているのであれば、リピート率ばかり追う必要は無いと考えるようになりました。

7年間で2回の来院では鍼灸院の経営としては成り立ちませんが、そういうお客さんもいると理解しています。色々な考えのお客さんが集まって鍼灸院は経営して行けるのです。

こんな事が起こるのも、10年鍼灸院が継続しているからこそ。これから20年・30年と継続していけば、もっと懐かしいお客さんの再診があるかも知れません。

それを楽しみに、これからも鍼灸院を続けて行こうと思います。今のところ間隔が一番空いたのが8年ぶりのお客さんです。この記録を超える人が、これから必ず現れるでしょう。そんな事を考えると楽しいですね、新たな剛の物が現れる事を期待しています♪

2月に来院された20名ちょっとのお客さんが、どれだけリピートするのかも楽しみの一つ。リピート率100%を毎回目指しているのですが、不徳の致すところでそれには至ってません。癒し系ゼロの鍼灸専門院なので、リピート率の高さよりもコアなファンが増えてくれれば良いなと思っています。

毎週来院される方も7年ぶりの方にも変わらずの対応が出来ればと思います。ちなみに、当院は再診料は頂いていません。せっかく思い出してくれたのに再診料を余分にもらうなんて行為は私には出来ませんので。

お久し振りの方も、お待ちしてますよ♪

 

 

 

 

 

当院の魅力と特徴
開業して初めてスタンプカードの還元率を考えてみた

目次◆スタンプカードの還元率◆回数券とスタンプカードで更にお得にお薦めの記事関連 ◆スタンプカードの …

鍼灸院を開業・経営していくために
施術時間を増やして余裕を持って施術をしたらリピート率上がったよ

目次◆昨日は嫁さんと飲み会でした◆余裕を持つって大事なのねお薦めの記事関連 ◆昨日は嫁さんと飲み会で …

こんな患者さんがいらしてます
50歳以上の部の軟式野球の全国大会に出場中のピッチャー

目次◆50歳の軟式野球のピッチャー◆私も負けじと走りますお薦めの記事関連 ◆50歳の軟式野球のピッチ …

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。