陽の目を見ずに眠っていた当院のキャラクターを発掘

院長の独り言

 

当院のキャラクター

以前、遊び半分で「ゆうこん堂Tシャツ」を作ろうと企画したことがあって、その時に漫画家の友人にキャラクターをデザインして貰ったことがありました。それが下の図案。

顔は私の顔をイメージしてもらって、姿形は池波正太郎先生の「藤枝梅安」を参考に作ってもらいました。私としては緒形拳さんや渡辺謙さんが好演した大好きな登場人物なので、思い入れタップリでした(藤枝梅安のパクりじゃないからね、オマージュだから。肖像権とか言うの止めて、貧乏鍼灸院なんだから)。

ところが藤枝梅安が誰だか分かってくれる人がほとんどいなくって、ビックリと落胆が入り混じった結果になりました。何人かTシャツ買ってくれた人もいたのだけど、何となくお蔵入りに。鬼平犯科帳と剣客商売は知ってるのに、藤枝梅安だけ知らないって、失礼な話ですよね。

 

 

 

 

 

 

ゆうこん堂キャラクター

最近ブログやSNSに力を入れていて、登録したまま放置していたTwitterを使ってみたりLINE@で情報発信したりしています。

勉強の為に色々なサイトを見たり登録したりしているのですが、皆さん工夫してますね。センスの無い私とは全く違ったアプローチで攻めていて、本当勉強になります。

 

友だち追加

 

その中で、割と皆さんアイキャッチ画像に気を使っているのだなと気が付きました。当院のアイキャッチ画像は夫婦の写真。それも良いなと思っていたのですが、どのサイトも同じ写真を使っているので飽きてきました。

そんな時にふと思い出したのですよ。我が院にも陽の目を見ずに眠っているキャラクターがいるでは無いか。それを使わずして何とする!

それがこいつ。

 

 

色はテキトーに嫁さんが塗ってくれました。こいつをマスコットキャラクターとして使ってやろうではありませんか。

ついでに名前も付けてやりました。これも陽の目を見ずに眠ったままになっていた名前。ハリ魂(ハリタマ)君です。「鍼に魂を込める鍼灸師」略してハリ魂(ハリタマ)、どうでしょうか。本当センス無いですね。

師匠と仰ぐ緑風堂鍼灸院の先生がご自身をハリ天狗(ブログ:ハリ天狗の日々奮戦)と名付け、ご活躍なのを本当羨ましく見ていたのです。オレも格好良い名前が欲しい。だけどセンスが無い。ずっと悶々とし続けた結果、どうせセンスねぇよと眠ったままになっていました。それを掘り起こして見ました。

こいつを陽の光に当ててやるのが今の私の目標です。

 

 

仕事も遊びも楽しんで

 

 

 

 

そんなことしてる前に仕事しろよってお客さんの声が聞こえて来そうですが、せっかくなので楽しみたいじゃないですか。

院内にいる時間が長いのだから、せめてお客さんがいない時には遊びたいのですよ。読書と同じくらい文章書くことも好きなので、こんなブログを続けてるのです。キャラクターがあってそれが前面に出るなんて面白いじゃないですか。キャラクターに性格付けするのも楽しそう♪

あら、身近な所におもちゃが転がってたのね。Tシャツ用に作ったので、カットはこの1枚しか無いけども受けが良かったら他のカットも書いてもらおうかしら(笑)

当分こいつで楽しみます!

 

 

色付けしてみた

この記事書いた翌日に、嫁さんと2人でキャラクターの色付けに挑戦して見ました。オッサンとオバサンが楽しそうに色付けしてるのだから、暇な鍼灸院ですね(早朝5時に作業したけど)。

そして完成形がこちら

 

 

どう?

格好良いでしょう!

Twitterのアイコンも変更したので、そちらもご覧下さい。フォロワーになってくれたら尚嬉しいです!

 

Twitter

 

 

 

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。