鍼灸院VS鍼灸接骨院


◎治療院戦国時代

最近、鍼灸接骨院が次々に開業していますね。

海田町だけで私が知ってるだけでも鍼灸接骨院が6軒。鍼灸院が4軒くらいかな。一時期接骨院が隆盛の頃は相当儲かったと言いますが、不正請求が相次ぎ保険が使えないケースが増えたのか、接骨院だけではやっていけないようで鍼灸や他の手技も出来る接骨院が増えてきました。

 

ご存知の方は少ないのでしょうが、鍼灸師は「鍼師」・「灸師」と言うそれぞれ異なった国家資格です。接骨院を営む「柔道整復師」もまた国家資格。因みにマッサージ師も「あん摩マッサージ指圧師」と言う名前の国家資格者が名乗ることが出来ます。

「ほぐし」・「揉み」・「癒し」などマッサージを匂わせるけど看板に「マッサージ」の文字のない店舗は無資格者がやっていると思って良いと思います。

 

私は「鍼師」と「灸師」の国家資格を持つ鍼灸師。鍼灸だけしかしない。保険も効かない。機械を一切使わないって鍼灸院は少ないのでは。

では、うちの周りに「鍼灸接骨院」が沢山出来て私が商売敵が増えて困っているのかと言えば、否。正直気にもしていません。

 

◎鍼灸院と鍼灸接骨院の違い

何故かって言うとやっていることが全く違うから。
「鍼灸接骨院」は主に保険診療が中心。一人に掛ける事のできる保険料は限られていますから、
時間を掛ける訳にはいかない。だから低周波治療器を使ったり、弟子(アルバイト)にマッサージさせたりして時間を稼ぐ。時間的には60分くらい掛けるものの、先生が診るのは5分からせいぜい15分程度。

鍼を打つのも短時間で。一人に5本とか10本打ってはい、終わり。鍼が苦手な人にはマッサージのみで鍼は打ちません。だから1日に鍼を打つ本数は多くても100本程度では。

 

対してゆうこん堂は鍼灸専門。一人に100本の鍼を打っていきます(人によって本数は変わるけどね)マッサージも無し。弟子もいない。機械も無い。鍼灸のみの30分(時間も人によって変わるよ)それを毎日10人以上。合計1000本の鍼を打ちます。本数打てば良い訳じゃないけども、やっぱり経験の差は出るものです。

 

毎日100本の鍼を打つ人と、毎日1000本の鍼を打つ人。10倍の違いが年月を重ねると大きな変化として表れます。勿論、鍼灸接骨院の先生も上手い人は沢山いますよ。臨床何十年って先生もいらっしゃるので一概には言えませんけどね。

最近では鍼灸接骨院でも保険を使わず実費治療で施術を行うことが多くなってきたようです。
保険だけでは食べていけなくなって方向転換を図っているようです。

以前、近くの鍼灸接骨院で「本気で直したかったら実費治療を」と言う看板をデカデカと貼ってあるのを見ましたが、それって保険治療では治らないこと?とかなり驚いたのを覚えています。治療家の腕よりも先に頭の程度を疑ってしまいますので気を付けましょう。

◎それぞれの用途で

値段の事を言えば鍼灸接骨院の方がずっと安いのでは。うちは施術料4000円、初診料1000円と強気のお値段(詳しい料金はこちら
それなりのハードルの高さとなっています。それでも効果を実感して通って頂けるのでやっていけるのですが。

当院と鍼灸接骨院を比較するならば鍼灸接骨院は値段の安さ・手軽さ(予約をしなくても良い)・施術手技の多さは断然鍼灸接骨院の勝ちです。鍼が怖いって方は鍼灸無しでもOK。

逆に当院は値段も高いし、完全予約制で時間が決められているし、鍼灸のみしかやってない。施術最中の気持ち良さも無いですね。悪い個所はズンと響く鍼を打ちます。その後は翌日の朝まで重ダルさを感じますので、施術後の爽快感もマイナスポイントでしょう。

 

それぞれに特徴がありますので、どちらを選ぶのかは皆様の自由。鍼なんて怖くて絶対嫌だって方も沢山いらっしゃるでしょうしね。

 

でもね、痛そう・熱そう・怖そうって言う負のイメージが多い鍼灸院がこうして営業を続けていけるのは、効果を実感出来る方が大勢いるからでは。鍼灸にしか出来ない事が沢山あるのですよ。

逡巡として足止めを食らうよりも、思い切ってその足を踏み出してみませんか。
その思い、無駄にはしませんよ!

鍼灸初心者の方へその他の記事はこちら

友だち追加数

院長ブログ>> http://hiroki3176.blog80.fc2.com/

受付(妻)ブログ>> http://blog.goo.ne.jp/cshiho33

広島の不妊鍼灸・ゆうこん堂

ゆうこん堂鍼灸院
◎営業時間 月~金 9:00-12:00 15:00-20:00  土曜 9:00-18:00
◎住所   広島県安芸郡海田町南本町6-3コーポタカヤマ101
◎電話   0825552099
◎定休日  日曜日(詳しくはHPで確認下さい)
◎駐車場  1番と2番
Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。