鍼灸施術中に「悩み事相談室」やってます

こんな患者さんがいらしてます

 

儲ける事を止めた副産物

 

 

 




 

 

 

当院は開業して数年で儲ける事を止めました。切ない滑り出しとなりましたが、ベッドを複数台置いてどんどん患者さんを回して儲ける、流れ作業を止めたのです。

1人45分間は1対1、施術室には常に私と患者さん2人しか入れません。なので大型店のようにベッドを複数台置く必要が無く、ベッド1台のみに変更しました。この変更によるマイナスは、時間内に効率良く患者さんを回して儲ける事が出来なくなったこと。

 

儲けたい・稼ぎたい・いい暮らしがしたい。そんなスケベ心は今でもありますが、自分がやりたい施術方法とは違うので諦める事にしました。器用な人間じゃ無いので同時に複数人を相手にすることも出来ないですしね。

 

 

 

 

その副産物としてお客さんとの会話は随分と増えました。治療院と言うより悩み事相談室じゃないかと思うくらい、愚痴や悩み事が多いのが当院の特徴。他に聞いている人間がいないので、思いの内をさらけ出し易いようです。施術者である私の心が弱っていると負のオーラに心引きずられてしまうので注意が必要ですが、メンタル強い方なので何とかやっています。

 

患者さんの心の内が正常であれば身体は正常な方向に向かって行くし、心の内がマイナス面に引きずられると身体も同じように引きずられて悪くなっていくと施術をしていて強く感じるので、施術室の中で愚痴や悩みを吐き出して少しでも楽になってくれれば嬉しく思います。

 

以前作家の中島らもさんが「明るい悩み相談室」を新聞紙面でやっていて、文庫化されたものを楽しく読んでいたのですが、あんな風に下品な相談はで無いですし・切り返しも上手ではありません。中島らもさんのような軽快な切り返し(文面でのね、ご本人は牛のように喋る方でした)は期待しないでね♪

 

 

転職相談多し、全力で逃げなさい

 

本日いらした女性はご主人の転職で相当参っているようでした。転職の相談は結構多いのですよ。私が相談を受ける時に決めているのは男性の相談に対しては大いに論議する。女性の相談の時にはひたすら聞き手に回るようにしています。

 

今回の女性はもう何年も当院に通って来てくれていて、ご主人も当院に来院された事があるので経緯は把握していました。いわゆるパワハラが転職の原因となったようです。

 

日本人は転職に良いイメージがありませんよね、キャリアアップなどプラスに作用する転職もあるだろうに、転職と言うだけで胃に穴が開くほど悩む場合が多いようです。

 

 

転職と言う言葉で連想されるイメージは

 

・転職を繰り返す毎に生活が貧しくなる

・終身雇用は終わったとは言われてるけどやっぱり最後まで同じ会社にいるべきだ

・どこへ逃げても同じだ、逃げずに働け

 

 

これらの言葉、私がサラリーマンを辞める時に上司から言われた言葉です。今から17年前かな、27歳の時です。散々怒られて引き止められて、転職なんてしても良い事なんて一つも無いと脅されました。

 

それでもサラリーマンを辞めて17年、辞めて後悔したことは1度もありません。後悔して無いどころか、こんなに楽しんで仕事してるぜ!って前の職場の上司に声を大にして言ってやりたいです。

 

なので私は転職肯定派。人生1回限りよ、後で後悔するより出来るうちにやっておこおうよ。仕事やり過ぎて鬱(うつ)になったり離婚したりするよりは余程辞めた方が良いと思うのよ。

 

 

 

 

私が辞める時に上司が多用した「逃げるな」と言う単語。言葉の持つ力が強いので凄く威圧感があるけども、「逃げ」て何が悪いのよ。何年間か仕事してみて自分に合わないと思ったのだから辞めて他を探す。何も間違っちゃいませんよ。

 

私の場合は転職理由が「世界の大きさが知りたいから」とヒドく漠然としたものでしたが、その時は一人で海外旅行に行きたくて仕方が無かったのよ。星野道夫さんと言う写真家が書いた「アラスカ風のような物語」と言う本を読んで、今飛び出さないと絶対に後悔すると思ったことがキッカケでしたが、あの時は仕事辞める理由があるなら何でも良かったんだよね。

 

パワハラが嫌で辞めるも良し、給料の安さで辞めるも良し、休みが少ないからと辞めるも良し、本当に辛ければ全力で逃げれば良いのですよ。ただし、腹をくくらないとね。どこの職場だって嫌な上司はいるし不満は絶対にあります。逃げ続けて転職を繰り返していたら本当に人生狂っちゃいますよ。

 

 

 

覚悟を決めれば何とかなる

 

私の場合は次は絶対にサラリーマンはやらないと決めて辞めたからね。どんなに苦労しても結婚できなくても、とにかく自分でお店をやると決めて辞めました。不退転の決意って奴です。覚悟決めて決断しないと後悔しますよ。

 

本日来院された女性は、ご主人の転職後が心配で怖いと訴えてました。パワハラが理由なので、また次の職場で同じような事が起こった時にどうしようかと悩んでいるのだけど、ご主人がどれほどの決意で退職を決めたのかによりますね。

 

人間覚悟決めりゃあ大概の事は出来るのだけど、ケツが座ってない浮ついた心の方が多いのも現実。理想郷なんてこの世にゃないぞ、何とか座り心地の良い場所を探すしかありません。

 

今回の女性は自分の中で結論は既に出していたので、そんな話はせずにひたすら聞き役に徹したけどね。女性はこちらの意見なんて求めてないからね、話を聞いて欲しいだけ。下手に意見を押し付けたら怒られますからね。

 

 

 

格好良いお父さんの話

 

これまで一番格好良いなと思ったお父さんのお話。その方は子供を授かって家族が増え、手狭な賃貸住宅からどうしても自宅を購入したいと考えていました。しかし勤める会社は不況で仕事が無い。トラックに乗っているのだけど、勤め先の給料だけではとてもじゃない自宅購入なんて出来ません。

 

悩んでいたそのお父さん、転職するのかと思っていたら会社に断った上でアルバイトを始めました。キツいと有名な飲食店だったけど、仕事終わりの3時間とかお休みの日曜日をフルにアルバイトを入れました。

 

いい年のオッサンなのでアルバイトを始めた当初は随分と職場で浮いてしまい、おばさま方からイジメられたらしいけど、音をあげずにアルバイトを続けて今ではアルバイト先でも出世して重宝されているようです。

 

 

 

 

アルバイトを始めた当初は休みが無いしイジメられるしで、うちでも随分と愚痴ってました。でも辞めようとしなかった。自宅を購入したいと言う覚悟を見ました。仕事は辞めず、空き時間をフルに使ってアルバイトでお金を稼ぐ。そんな働き方もあるのですね。

 

こんなこと書くと、就業規則がどうとか言う人がありそうですが、これが覚悟ですよ。現状を嘆く暇があったら今ある環境で何とか動いてみる、そんな時も必要かもよ。

 

頑張っている人間は見ていて分かりますからね。そして頑張ってる人間を周りは放っておかないのですよ。どんな環境に居ようとも出来る事はある、大変に勇気を頂いたお父さんの話でした。

 

 

 

そのプライド、食べられません!

 

厄介なことに男性には全く使い物にならない「プライド」と言うものが付いています。このプライドが厄介なのですよ。ちっぽけなそれを守るために仕事を辞めたり家庭崩壊を招いたり。

 

それさえ捨てれば楽になるとは分かっているのに、無用な長物を守るためなら何でもしようとするのです。女性には決して分からにだろうなぁ。私も小っちゃなものぶら下げているので理解は出来るのだけど、そんなもの捨てっちゃいなさい!

 

上記のお父さんも誇り高い人間ですよ、でもそれ以上に家族が大事だと言って怒られてもバカにされてもアルバイト続けてました。だから恰好良いのですよ、それがお父さんなのですよ。

 

転職肯定派の私ですが、もしあなたがお父さんならば自分のプライドと家族を天秤にかけて考えて見て下さい。あなたのちっぽけなプライドと家族、どちらが重いですか?

 

女性が母親になると全く違った生物になるように、男性も父親になると変わらなきゃならないのですよね。残念ながら中学2年生の時から全く変わらない頭の中身なので男性は思い悩むのです。

 

大人になったら幸せな人生送れるのかと思っていたけど、大人になっても悩みは尽きないものですね。私は聞いてあげることしか出来ませんが、話すことによって少しでもスッキリしてもられば嬉しく思います。

 

こんな事してるから、うちは儲からないんだよなぁ。私も悩みが付きません。。

 

 

 




 

 

広島ブログ

院長のブログ;サスライのハリ師、今日も行く!

受付(妻)ブログ;朝日に向かって走りたい!

広島の不妊鍼灸・ゆうこん堂

ゆうこん堂鍼灸院
◎営業時間 月~金 9:00-12:00 15:00-20:00  土曜 9:00-18:00
◎住所   広島県安芸郡海田町南本町6-3コーポタカヤマ101
◎電話   0825552099
◎定休日  日曜日(詳しくはHPで確認下さい
◎駐車場  1番と2番

広島ブログ

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こんな患者さんがいらしてます
不安障害や鬱と向き合う鍼灸現場

  目次不安を抱えた人が多過ぎる来院動機は頭痛や肩こり鬱や不安障害に効くツボお薦めの記事関 …

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。