鍼灸に向き不向きがある?9年ぶりの鍼灸で感じたこと

こんな患者さんがいらしてます

 

8年10か月ぶりの患者さん来院

 

 




 

 

本日いらした患者さんは当院が開業して半年の時に数回いらして以来、実に8年と10か月ぶりの来院でした。これまでの来院間隔の空いた最長記録でした。

この間隔が空いたのには理由があります。彼が来院した当時は30代前半、かなり走りこんでいたランナーでした。職業は海田駐屯地に勤める陸上自衛官でかなり鍛えていた印象があります。

 

 

対する私は鍼灸院を始めたばかり、手探りで鍼灸院経営を行いながら技術の向上に努めていました。その頃はまだ変人(いつもながら愛称です、スポーツを頑張っている人たちに向けられる言葉です)も少なく、鍼の種類も今のように多くありませんでした。

今でこそ変人も陸上自衛官も沢山来院してくれますが、その当時は何人目かの陸上自衛官で戸惑いがあったことも覚えています。そんな彼は腰痛が悪化してぎっくり腰のような状態でいらしたのだけど、筋肉の厚みがあるし・その筋肉がガチガチに固まってるしで鍼が入りにくい状態だったのでしょう。

 

来院してくれる度に「筋肉が固くて鍼が入らない」・「筋肉が固くて鍼が曲がってしまう」と私が連呼するのを聞いて、自分には鍼灸施術は向いて無いのかなと感じ、それ以来鍼灸院に興味を持たなくなってしまったのだとか。

それ以来、マッサージや整体には行っても、鍼灸院に行こうとは一度も考えたことが無かったとの事でした。完全に私の技術力不足が招いた鍼灸に対する不信感です。そうなのよ、あの頃はその程度の技術力だったのですよ。

 

 

鍼を刺すのも技術が必要

 

鍼灸院にも様々なやり方があって、細分化するとキリが無いのだけれど、大別するならば鍼を身体の奥にまで刺す深鍼(ふかばり)と、体表1㎜も刺さない浅鍼(あさばり)に分かれます。当院は深鍼で深い場所では4㎝以上鍼を刺すのだけれど、深く刺すにはそれなりのテクニックが必要です。

鍼の太さは髪の毛よりも少し太いだけの、皆さんが想像するよりもずっと細い鍼なので、それを身体の奥に刺すのは思ったよりも難しいのですよ。それでも深く刺すのは鍼灸師の基本テクニックなのだけど、その当時はそんな技術も中途半端だったのですね。

 

 

当時はなるべく痛くないようにと細い鍼しか扱っておらず、本気のアスリートを相手にする準備が出来ていませんでした。本気でスポーツに打ち込んでいる人間は筋肉の張り方も半端じゃありません。少々マッサージしたくらいではどうしようも無いので鍼灸院に来院してくれたのに、その鍼灸師が結果を出さないとどうするのよ。

開業当初の施術が上手くいかずに悩んでいる自分を思い出すようで、汗が出るやら恥ずかしいやら。今回結果が出ないと完全に鍼灸は大したこと無いとレッテル貼られてしまうので、気合入れて施術に挑みました。

 

 

なぜ再度来院してくれたのか

 

鍼灸に不信感を持った彼が何故8年10か月ぶりに来院してくれたのか。それは周りのランナーが沢山当院に来院していたからだそうです。ランナーからトレイルランナーへと進化した彼は仲間と一緒に山を走るのが何よりも楽しみだそう。

いつも一緒に走っている仲間の数名が当院に来院していて、数年前に一緒に山を走っていた友人が捻挫をした時に、「ゆうこん堂に行かないとね」と話していたのを聞いて突如当院を思い出したとか。

それでも鍼灸は合わないと思い込んでいるので来院する機会無く居たのだけど、最近になって友人の多くが当院に来院していることを知り、それならばもう一度行ってみようかと思ってくれたとか。

変人ランナー多くて良かった!もう一度リベンジの機会を頂きました。今回も前回の腰痛に加えて肩甲骨周りの張り、太ももの内転筋の突っ張りを訴えて来院されました。痛む部位は何か所仰っても構いませんよ。当院は全身やっても料金は一緒ですから。

成長した私の姿をお見せしなければ。とは言え、今の力をいつも通り発揮するだけ。特別なことは出来ないので、淡々と施術をするだけです。

 

 

 

問診と触診で施術は進む

 

鍼灸院によって施術方法は千差万別だと言ったけど、悪いところの探し方も鍼灸師によって違います。手首の脈を触って悪い個所を探り当てる鍼灸師さんもいらっしゃるし、舌を診たり目を診たりで判断される方もいます。

私の場合は問診(お話を伺う)と触診(直接手で触って確かめる)を重視していて、特に触診無くしては施術を進める事が出来ません。しかも必ず左手で。鍼と鍼管(鍼を入れる筒状のもの)を右手で持っているので、開業以来左手で触診をしていました。

 

すると、左手だけが鋭敏になって行き、今では左手でないと触診が出来ない鍼灸師になってしまいました。その代わり、かなりの精度で悪いところを探し当てる事が出来ますよ。人間の脳みそは一番悪い個所と、二番目に悪い個所くらいは認知できるのですが、5番目・10番目に悪い個所は全く認知出来ません。

 

だけど身体のあちこちは痛んでいる。それを事前に探し当てて、痛みが出る前に緩めて直してあげるのも私の仕事。全身施術をするのはその為です。

 

今回は久々の来院なので近況報告が多くてほとんど問診もせずに初めてしまいましたが、満足して頂けたでしょうか。口では前と全然違うとは言って頂いたけど、大人になるとリップサービス覚えますからね、中学生や高校生の方が余程辛口の採点ですんなり心の中に言葉が入ってきます。

 

 

 

前回と今回で違ったこと

 

彼曰く、「鍼が曲がる程硬い」と8年10か月前に言われたけども、今回は一度も鍼が曲がらなかったことが不思議だったとか。うん、鍼の種類も豊富になったし、何よりオレの技術力が格段に進歩したからね。

変人ばかりを相手にしていたので、その辺りの技術力の向上はかなりのものよ。勿論、鍼を打つ場所も深さも角度も前回よりは格段に変わったと自負しています。だって経験がモノを言う鍼灸院で、開業して9年以上鍼灸専門でやってますからね。

そこは他院には絶対負けられないところです。痛みのある部位も著しく良くなったと言ってくれましたが、これは半分リップサービスとして受け取っておきます。本当に効いたと確信できるのは、また近いうちに来院してくれたらって事にしておきます。

それでも開業当初の自分とは大きく変化している事を私自身が実感できたので、今回はとても良い経験になりました。毎日技術の研鑽をしてきて良かった♪もう当時のオレじゃないぜ!

 

 

 

ゆうこん堂を選択肢の一つに

 

行きつけの治療院があって、そこで十分満足って方はそれで良いです。気に入ったお店があるのなら、そこに通ってあげて下さい。お客様あっても治療院なので、他院のお客さんをぶん取るつもりはありません。

だけど、痛みがあってどうしたら良いか分からない。治療院に行ってるけど満足行く結果が出ていないって方は是非当院を選択肢の一つに加えてみてください。

 

 

 

鍼灸院は痛そうだし熱そうだし怖いって方、今の自分の痛みを何とかしたいと本気で考えているのであれば、鍼灸院に行く怖さを克服できるのでは無いでしょうか。治したい気持ちよりも恐怖が勝ると言うのであれば無理強いはしません。

 

もし本気で治したくて鍼灸院も選択肢の一つとして挙げても良いと思われている方は、一度当院にいらしてみませんか。痛みに特化した施術を行っていますので、良い結果が出せる可能性がありますよ(絶対治せるとは言いません)。

 

日々技術力は向上している(であろう)ので、私の鍼灸施術であなたのお悩みを解決させて頂きます。5年後、10年後はもっと上達しているよう、これからも研鑽を続けて行きたいと思います。

本日は久々に来院して貰えて嬉しかった~!!

 

 

 




 

 

 

広島ブログ

院長のブログ;サスライのハリ師、今日も行く!

受付(妻)ブログ;朝日に向かって走りたい!

広島の不妊鍼灸・ゆうこん堂

ゆうこん堂鍼灸院
◎営業時間 月~金 9:00-12:00 15:00-20:00  土曜 9:00-18:00
◎住所   広島県安芸郡海田町南本町6-3コーポタカヤマ101
◎電話   0825552099
◎定休日  日曜日(詳しくはHPで確認下さい
◎駐車場  1番と2番

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こんな患者さんがいらしてます
不安障害や鬱と向き合う鍼灸現場

  目次不安を抱えた人が多過ぎる来院動機は頭痛や肩こり鬱や不安障害に効くツボお薦めの記事関 …

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。