ゆうこん堂鍼灸院の日記

軟式野球を愛するオジサンピッチャー


軟式野球の剛腕ピッチャー

 

昨年12月から来院してくれていたオジサンピッチャー。小学校の頃からピッチャーをやっていてもうすぐ50歳に届くと言うのに未だにピッチャーを続けている、中高年の星のような男性です。

調子の良い時には今でも130㎞近い剛速球を投げるらしく、軟式野球ではかなりの剛腕で知られているようです。12月にいらした時には右肩痛(三角筋中部のある一点)で来院されたのですが、そこから痛い個所があちこち変わって手こずっていました。

毎週ほぼ休まず通ってくれていたのですが、先日大きな大会を無事痛みなく投げ終えて報告がてら来院してくれました。これから少しずつ来院する間隔を伸ばして様子を見て行きますと一応の終息をしたのですが、久々に時間の掛かった案件でこちらも安堵しました。

 

鍼灸は一発で治る?

 

整形外科や接骨院には毎日欠かさず通っているような人が、鍼灸院に来ると一発で治してくれるのですか?と聞いてくることが多いのですが、どれだけハードルが高いこと要求してるのよとこちらが怖くなってしまいます。

確かに一発でピタリとハマって、あれだけ痛みがあったものが施術が終わる頃にはピタリと治まるなんてこともあります。そうした時にはちょっと得意顔で威張ってみたりもするのですが、そんな事はそう頻繁にあるものではありません。

確かに一発で痛みが治まるなんて格好良いですが、今回のオッサンのように長期に渡って痛めたものを1回や2回の施術で完璧に痛みを除去するなんて天才治療家でも無い限り無理なのです。

今回の男性は延べ40年近く野球をやっていて、野球人生のほぼ全てをピッチャーをしています。その間ほとんど治療らしいことはしていなかったそうで、来院された時にはあちこちにガタが来ている状態でした。

事前に時間が掛かりそな旨は伝えていたのですが、思いの他苦労して試合に間に合わないのではと、かなり焦ってしまいました。結果が出て本当に良かった。

 

痛む部位が移動する?

 

今回の場合、最初に痛みがあって来院したのは右肩痛、三角筋と言う腕と肩と間を覆うように付いている筋肉の中部にありました。剛腕ピッチャーと言うだけあって筋肉が肥大していて通常の鍼では患部まで届かず、これも苦労した要因でした。

当初痛みがあった個所は数度の施術で痛みは治まったのですが、そこから痛む箇所がどんどん移動して行きました。「痛みが移動する」と言うのはよくある事で、原因は人間の脳みそにあります。

通常私たちが痛みとして認識できるのは数か所です。一番痛いところと、2番目・3番目辺りまでは認識できるのですが、8番目に痛い場所・20番目に痛い場所なんて分かりません。ですが、弱っている場所は多岐に渡っている場合がほとんどです。

野球のピッチャーは全身運動です。大きく振りかぶりながら足先を着地させその力を膝から腰・上半身へとエネルギーを伝え、肩・肘・手首へと力を伝えながらボールが放たれます。このように力が伝わりながら大きな力やスピードを得る仕組みを”運動連鎖の法則”と言います。

この時に使われる筋肉は皆さんが考えるよりも遥かに沢山使われているのです。つまり、ピッチャーだから肩や肘だけケアしていれば身体が回復すると言う単純な図式ではなく、足元から首までの多くの筋肉のケアを必要とします。これが当院が全身施術を行う大きな理由なのです。

 

今回のケースでは、三角筋の前部と中部の痛みが交互に現れたのに加え、小円筋・肩甲下筋の痛みがあって投球時の違和感に悩まされました。キャッチボール時にはどこにも痛みを感じないのに、本気で投げ込もうとした時にだけ激しい痛みがあり、確認するのが難しかったのも時間が掛かった要因でした。

 

話を聞きながら考える

 

当院では脈診(左右の手首の脈を診て診断する方法)はやっていませんし、手をかざすだけで悪いところが分かる気功も行えません。当院では触診によって判断するのが基本です。私の左手が当院の生命線、指先の感覚でピンポイントで悪い個所を捉えて行きます。

何の情報が無くても痛めている個所はほぼ分かりますよ、これぞゴッドハンド(笑)

ただし、ここからがミソ。左手に頼り過ぎていると大きなことを見落とすこともあります。施術時は通常、仰臥位(仰向けに寝る)か伏臥位(うつぶせに寝る)での施術となります。その状態で触った時には分かりにくい筋肉があるのです。

これを正確に捉えるには特定の筋肉が出やすい恰好をしてもらう必要があります。それが横臥位だったり手を挙げたポーズだったり回旋したポーズだったりするのですが、それに至る前に患者さんとしっかりと話し込みをしておかないと苦労することが多々あります。

どこが痛いのか・どんな動作の時に痛むのか・痛みの性質はどんなものかを聞き出して、自分の脳みそで整理をして行くことが施術の中では非常に大事なのです。会話が大事なんてアナログで誰でも出来そうな事ですが、コミュニケーションは必要不可欠です。

 

中学生・高校生でも伝える力の発達した子は自分の症状を的確に伝えてくれます。そういう子は施術もやり易く、症状が改善するのに短時間で済みます。

反対にコミュニケーションの苦手な人は会話自体を嫌がるケースが多く、私の指先のみに判断を任せるしか無いために、回復するまでに時間が掛かったり満足度が低く来院されなくなったりするケースがあります。自分の身体の事なので、是非ともご協力をお願いします。

 

頑張っている人を応援したい

 

当院に来院するアスリートは本気でスポーツに打ち込んでいる人たちばかり。それは中学生・高校生であっても同じです。親に強引に連れてこられた子供はすぐに来院しなくなるケースが多いですが、大人でもインターネットの情報を頼りにおっかなビックリやって来た方は最初から尻込みしています。

当院は現状ほぼ”ご紹介”のお客様で成り立っています。数年ほどホームページなどの更新をほぼしていなかった事も原因ですが、ご紹介で来院される方は事前に当院のことを聞いていらっしゃるので楽なのですよ。

うちは気持ち良さは全く無いし、悪いところに鍼が刺さればズシンとした刺激もあります。その刺激が良いんですと言ってくれる方もありますが、無痛では無いので汗かいたりしますよ。

でもね、無痛だけど効果が無いよりは、刺激があっても後で楽になる方が良いのじゃない?と私は思っているので今の施術スタイルを変更するつもりはありません。

 

痛みが引かない・練習が出来ないとお困りの方には是非とも力になりたいと考えています。それはアスリートであろうと主婦であろうと同じです。子供を持つ母親も働くお父さんお母さんもみんな頑張っています。

頑張った結果、首や肩が凝ったり腰痛を発症したりで困っている方も多いでしょう。そんな方々の強い味方になれるよう、当院はあなたのお越しをお待ちしています。

そんなに酷いことはしませんよ、その証拠に沢山のお客様に来院して貰っています。お子様連れでも女性でも安心してお越し頂けるようあ配慮してあります。夫婦そろってお出迎えさせて頂きますね♪




広島ブログ

院長のブログ;サスライのハリ師、今日も行く!

受付(妻)ブログ;朝日に向かって走りたい!

広島の不妊鍼灸・ゆうこん堂

ゆうこん堂鍼灸院
◎営業時間 月~金 9:00-12:00 15:00-20:00  土曜 9:00-18:00
◎住所   広島県安芸郡海田町南本町6-3コーポタカヤマ101
◎電話   0825552099
◎定休日  日曜日(詳しくはHPで確認下さい
◎駐車場  1番と2番

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top