ゆうこん堂鍼灸院の日記

お皿の下が痛い(膝蓋靭帯炎かも)の鍼灸治療


◎膝蓋靭帯炎

膝のお皿の下の方に痛みを感じたら膝蓋靭帯炎(しつがいじんたいえん)を疑います。別名ジャンパー膝とも言われます。
 




 
太ももの前側にある大腿四頭筋は膝の皿の中を通って膝の脛骨で腱となり止まっています。膝を伸ばす時にはこの筋肉が縮んで脛骨(けいこつ:膝のお皿の下にある骨)を引っ張り上げます(膝関節の伸展)この時に強い力が加わりが痛んで炎症を起こしたものを膝蓋靭帯炎(別名:ジャンパー膝)と言います。

大腿四頭筋は膝の皿の中を通って脛骨粗面(膝下にある脛骨と言う骨の一部)に付着しているので、膝の下あたりが痛い、お皿の下が痛いと訴え来院されます。

 

◎どんな人がなるの?

バレーボール

名前の通りジャンプ競技を行う人がなりやすく、バレーボール・バスケットボール・ハンドボールなど跳躍系の種目の選手がなりやすいとされています。また、ダッシュなどの急激なストップ&ゴーが多い競技(サッカー・テニス)、長距離ランナーにも多く見られます。
当院のスポーツ障害の中では一番来院の多い疾患であり、中学生や高校生がよくこの症状で来院します。痛みが出ていない場合であっても大腿四頭筋が張っていない(緊張していない)選手はほぼいません。

四頭筋の中でも大腿直筋は股関節を前に持ち上げる時に(股関節の屈曲)使う補助筋でもあり、非常に使用頻度の高い部位です。痛みが出ていなくともスポーツ選手であれば必ず刺鍼しておきたい部位です。

ウォーキングやランニング時にも大腿部を持ち上げる、そして足を前に一歩出すときに使う筋肉なので膝蓋靭帯に強い力が加わって炎症を起こし、痛みを誘発します。使い過ぎ(オーバーユース)が主な原因です。

%e3%83%90%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab

 

◎対処方法

 

運動量の制限・もしくは休止が必要ですが、当院ではなるべく練習を休むことなく競技を継続していただけるように治療を進めていきます。太ももの前後のストレッチや大腿四頭筋(太ももの前側)の筋力トレーニングも有効です。

基本的には痛みがある場合には十分に冷やし、痛みが治まってから温めたりストレッチしたりしながら回復を計ります。

 

◎当院の鍼灸施術方法

鍼灸院

太もも(大腿四頭筋)と膝蓋靭帯の張りを確認しながらの治療となります。大腿四頭筋は大きな筋肉です。この筋肉全部が弱っている事はありません(筋肉は弱ると固く縮んでしまいます)膝頭・または膝下が痛い方の太ももを触ってみると固くなっているのが一般の方にも分かると思います。
私は更にそこから弱っている筋線維束を探り鍼を打ちます。左右に10本ずつは刺します(必ず両足を診ます)打つ場所が決まれば鍼を打つ角度・深さを調整しながら鍼を刺して行きます。弱っている箇所に鍼が入ればズシンと言う響きがあります。それが筋肉が緩んで行く証拠。その場である程度の痛みは消失します。

また、膝下の筋肉の柔軟性が失われている事が多い為、膝下やふくらはぎなども治療部位となります。腰部の張りも確認していきます。大切なのは痛みがある部分のみを治療するのでは無く、本人が自覚していない弱っている部分・痛めている部分をいかに見つけていくかだと考えております。
全身治療となるのはその為です。本数は増えますが、練習を再開出来る早道だと考えています。当日は重ダルさが残りますが、翌日の午後にはダルさが抜け、身体が楽になっているのが実感出来ると思います。

当院は痛みや痺れに特化した鍼灸院です。スポーツ障害は非常に多く扱っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 
 




 
 

院長のブログ;サスライのハリ師、今日も行く!

受付(妻)ブログ;朝日に向かって走りたい!

広島の不妊鍼灸・ゆうこん堂

ゆうこん堂鍼灸院
◎営業時間 月~金 9:00-12:00 15:00-20:00  土曜 9:00-18:00
◎住所   広島県安芸郡海田町南本町6-3コーポタカヤマ101
◎電話   0825552099
◎定休日  日曜日(詳しくはHPで確認下さい
◎駐車場  1番と2番

 

 

Top