ゆうこん堂鍼灸院の日記

結婚15周年の夫婦で営む鍼灸院。夫婦タッグでお出迎え


 

結婚15周年の夫婦が営む鍼灸院

1月26日で結婚15周年となります。ゆうこん堂を開業してから間もなく9年、何とか歩みを止めずに夫婦生活も鍼灸院も継続しています。治療院の形態を夫婦で営んでいる所は少ないと思います。何故なら、「夫婦喧嘩が止まらない」から。

当院もね、本当色々ありましたよ、激しいバトルが。。途中何度も嫁さんに外に働きに行ってもらって、私一人で切り盛りしようと考えたことか。しかしそれが出来ずにここまで来たのは、夫婦で営むからこそ出来るサービスが沢山あるのです。

嫁さんの代わりに女性スタッフを雇ったとしても、夫婦ならではの空気感を出すのは無理だと言い切れます。それだけで他院との差別化が図れています。

他院との違いはこちらにも書いています

ゆうこん堂が選ばれる7つの理由、他院との違い

開業してもうすぐ9年ですが、今後も夫婦2人で営むのでしょうね。完全に役割分担が出来ているのが面白い。得意分野がそれぞれ違うので、自分たちの特性を生かして役割分担しています。

 

HPの作成は嫁さん、文章は私

 

このブログやホームページは自作で更新しています。以前のHPも嫁さんがホームページビルダーを使って作り上げました。私はPCオンチでプロバイダとかCSSとか言われても、何のこっちゃサッパリ分かりません。

今はWordPressを使って作成していますが、ほとんど嫁さんが作り上げました。私はちょっとだけお手伝いできたかなという程度。

私が担当するのは文章作成とSEO対策が主な業務。本を読んだり書いたりは好きなので全く苦になりませんが、カタカナ用語は苦手です。

もし嫁さんが居なかったらプロの業者に頼んでしまうでしょうね。プロの業者に頼むと本当に高くつきます。零細鍼灸院はなるべく自作でホームページもブログも作りたいものです。

 

経理と確定申告も嫁さんの仕事

 

男性はどんぶり勘定な人が多いようですが、私もそのうちの一人です。特に私の年代は「奢ることが格好良い」とインプットされていて、つい気前が良くなってしまいます。ですが自営業者がどんぶり勘定では困ります。自営業者にとって金勘定は生命線。

嫁さんの頭の中には電卓が入っているらしく、何を買うで自分の中で基準があるようです。私はただこれがしたい、あれが買いたいと提案するだけ。決定権は嫁さんにあります。

2015年に私が突如発表した、家族でカナダ旅行計画ですが、これも嫁さんの承認があったればこそ叶うことに。既にエアチケットも押さえました、2017年7月にカナダ旅行決定しています。

2017年カナダ旅行決定!これから準備が大変です

確定申告なんて私は絶望的に分からない。経営者がこれじゃあイカんと簿記3級の試験を何度も受けようとしましたが、全く分からず試験会場に足を運ぶことすらしてません。数字ってセンスですよね、私は数字を理解する力が乏しいようです。よって私一人だったら確定申告も白色申告にするか税理士さんに頼むしかありません。

足りない能力はお金で買うしか無い訳だから何事にもお金が掛かります。私一人なら随分とお金のかかる鍼灸院になったでしょうね。

 

女性客が入りやすい鍼灸院

 

男性一人が営む治療院には女性客は入りにくいようです。マッサージや整体であれば肌を露出することなく施術が可能なのでまだ敷居は低いのでしょうが、鍼灸院の場合は肌の露出が無いと鍼(はり)やお灸は出来ません。自然と敷居は高くなります。

仕事でやっているので痴漢行為があったり襲われたりする可能性はほぼありませんが(全くないとは言い切れません、そういう犯罪を耳にしたことはあるので)、スタッフが一人か二人かでは安心感が違うでしょう。それが嫁さんが横にいるのなら、100%間違いは無いと言い切れます。

 

当院は来院客の7割が女性です。それも肩こりや腰痛・膝の痛みばかりで無く、不妊や逆子・腱鞘炎・更年期障害など幅広い疾患で来院があります。中にはかなり遠方からも女性が来院されるので、やはりHPをご覧になってここなら安心出来ると感じて来院されるのでは無いでしょうか。

子連れOKの託児付きも来院動機の一つと言えます。施術の間は嫁さんが子供の面倒を見ますし、遠方から来院する方には駅までの無料送迎もあります。女性にとって、かなり嬉しいサービスが満載なのは夫婦で営むからこそ出来る事。阿吽の呼吸でおもてなしが可能です。

 

 

 

女性客は女性鍼灸師さんを選択する方法も

 

こうして書いてみると、活躍してるのは嫁さんばかりのようで悔しいですね。施術するのは私なので、その点は強調しておきたいと思います。鍼灸院の主はやっぱり鍼灸師である私ですよね?

細やかな気遣いは女性には叶いませんし、女性同士のトークに私は入って行くことすら出来ません。ならば女性鍼灸師なら解決する手もありますね。広島でも女性鍼灸師さんが独りでやっている鍼灸院も沢山あります。来院客も女性のみ受けている所が多いようです。

ご主人が働いているのでお金は二の次で、丁寧に時間をかけて施術をしてくれる鍼灸院もあると聞きます。男性に身体を触られるのに抵抗がある方は、「広島 女性鍼灸師」で検索すれば沢山出てきますよ。

 

まとめ

 

どの治療院も独自のサービスを打ち出して差別化を図ろうとしています。ホームページを見ればそれぞれお店の特徴を確認出来ると思いますので、参考にして下さい。皆さん自院を良く見せようと必死なので、誇大広告にはご注意を(笑)

鍼灸師は経験の蓄積で勝負をしているので、そこは考慮に入れた方が良いと思います。幾ら年齢を重ねていても全くお客さんのいない鍼灸院では、経験の蓄積は難しいでしょう。鍼灸院としての開業年数がある程度長いのは一つの目安、潰れずにやってきた所なのでそれなりに腕はあるのでしょう。

後は人間の相性ですよ、また行きたいと思えるか・信用できるか・自分の悩みを託してみようと思えるか。恋愛も治療院選びも第一印象が肝心です。あなたの直感を信じて、治療院選びをしてみて下さい。きっと良い治療院が見つかりますよ。

私は自分の直感を信じて嫁さんを選びましたが、勘違いだったかな?




広島ブログ

院長のブログ;サスライのハリ師、今日も行く!

受付(妻)ブログ;朝日に向かって走りたい!

広島の不妊鍼灸・ゆうこん堂

ゆうこん堂鍼灸院
◎営業時間 月~金 9:00-12:00 15:00-20:00  土曜 9:00-18:00
◎住所   広島県安芸郡海田町南本町6-3コーポタカヤマ101
◎電話   0825552099
◎定休日  日曜日(詳しくはHPで確認下さい
◎駐車場  1番と2番

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top