ゆうこん堂鍼灸院の日記

検診で異常見られず。心房細動から復帰しました


IMGP1336

◆検査結果は異常なし

先日の検診でも心房細動は出ていなくて、薬の服用免除&ランニングの許可が下りました。まだ心拍数が高くて回復したとは言えないけども、一応運動も出来るようになって楽しくやっています。
 




 

ラン&ウォーキングと筋トレをしつつ、子供たちとビーチボールバレーやバドミントンも楽しんでいて、一応復活と言っておきましょう。レースに出るのはまだ夢の話だけど、1年後を視野にボチボチやっていきます。

開業以来、「皆さんに元気を分けてあげるのが私の仕事」と言い続けてきたのに、心房細動になってからは皆様に励まされる毎日。特に手術が決まってからは激励の応援を沢山頂き、大変勇気づけられました。気持ちが後ろ向きになっている時には温かい声援が後押しになりますね。

%e5%b0%8f%e3%81%95%e3%81%84%e5%bf%83%e8%87%93

これからは与えてもらった以上の声援を皆さんに送り続けなくては。「心と体は連動してる」ってのが私の持論。心が変われば身体がも変わる。身体の不調と共に心の不調も改善できる鍼灸院でありたいと思います。

 

◆練習を継続しながら治して行こう!

 

心房細動になって学んだことがもう一つ。
うちの鍼灸院に来るのはスポーツを趣味にしていたり仕事にしていたりクラブ活動をしている中学生・高校生奴らが多い。

継続して運動をしていると、どこからしら身体を痛めて競技を継続出来ない事もある。それのケアや予防にやって来るのだけれど、競技を継続できない事は選手にとって予想以上に辛い。

私も高校生の時に椎間板ヘルニアをやって思うように空手道に打ち込めなかったのだけど、喉元過ぎれば熱さを忘れるって事で練習の出来ない辛さを十分に理解していなかったのでは無いかと反省しました。

練習を休みなさいと言うのは簡単なのだけど、なるべく競技を継続しながらケアしていける道を模索していきたい。これまでも労骨折など特別な場合を除いて練習を続けながらの痛みの除去を心掛けていたつもりだけど、これからは更なる精度アップを図りたいと思います。

 

%e5%bf%9c%e6%8f%b4%e5%9b%a3

 

自分の腕が特別優れているとは思わないけども、せめて精神面では他の治療家よりも競技者に寄り添っていたい。その為にも運動は続けて行きたいな。

今のまま心拍数が下がらないのであればレースに出ても制限時間内にゴールに到達するのは無理そうだ。でもランニングが無理ならウォーキングのイベントだってあるし、持続走が無理なら他の競技を考えよう。

チーム悠魂(ゆうこん)も作ったことだしチーム監督として仲間の応援に徹する事も出来る。運動に関わっていく事も私の役目であるように思う。

ゆうこん堂も開業8年。本当に良いお客さんに恵まれました。
仕事をしていて対人関係でストレスを感じることはほとんど無いし、それなりの人間関係も養っていけてると思う。その精度を更に上げていく事がこれからの目標。現状に満足したらそれで終わり、これまで以上の努力が必要だ。

今年は自分自身の身体のリハビリをすると共に、仕事の精度アップ、お客さんとの人間関係の構築を図って行きたい。こんなことを思えるのも気持ちが前向きになってきた証拠ですね。よ~し、仕事するぞぉ!

 
 




 

広島ブログ

院長のブログ;サスライのハリ師、今日も行く!

受付(妻)ブログ;朝日に向かって走りたい!

広島の不妊鍼灸・ゆうこん堂

ゆうこん堂鍼灸院
◎営業時間 月~金 9:00-12:00 15:00-20:00  土曜 9:00-18:00
◎住所   広島県安芸郡海田町南本町6-3コーポタカヤマ101
◎電話   0825552099
◎定休日  日曜日(詳しくはHPで確認下さい
◎駐車場  1番と2番

 

 

Top