ゆうこんの鍼灸ブログ

接客業は奥が深い、接客の仕方でお店の姿勢が見える

Pocket

接客は奥深い

先日、お客さんと一緒に飲みに行った時の出来事。普段ほとんどお客さんと飲みに行ったりはしないのだけど、気の合うお客さんとはたまに市街地に出たりします。

今回一緒に飲みに行ったのは、高校からの私の友人であり10年間当院に通ってくれている大事なお得意様です。営業マンなのであちこち接待で飲み歩いていて、新しいお店を教えてくれるので重宝しています。

その日は私があるお客さんから絶対に行ってみてと太鼓判を押されていたお店から。刺身も美味しいしサービスも良いと伺っていました。お店に入ってビールとツマミを頼み、さあ飲み始めようとした時のこと。

 

 

スマホを片手に大声で喋りながら常連さんと思しき方が入って来ました。そしてキープのボトルを頼んでからツマミを頼むのですが、やたらと声がでかいしメニューにない品をどんどん頼んで行きます。一つ一つこだわりがあるのか、これは鰹節を振りかけてくれとか・きゅうりは入れるなとか注文が多い。

接客する女性を通り越してカウンターの大将に直接話しかけるのだから声が大きくなって当たり前です。大将も嬉しそうに談笑しながら料理を作って行きます。それを見て私たちは早々にお店を後にしたのでした。

 

 

常連さんは大事だけど、その他のお客も大事なはず

常連さんは大事です。私のお店も少数の常連さんが売り上げの多くを担っています。鍼灸院は治してなんぼなの商売だから、常連さんが居ちゃダメじゃん。という意見もありそうですが、日頃ハードな仕事やスポーツをしている人は、鍼灸をして良くなってもまた日常に疲れて身体にダメージを追うので再三来てくれます。

なので常連さんを失うことはお店の存続に関わります。でも常連さんを大事にする余りその他大勢を犠牲にしても良いのかと聞かれたら、そんなの良いわけ無いじゃんと答えます。

ここの匙加減でお店の姿勢が見えると思うのですよ。先日のお店はとにかく常連さんにターゲットを絞り込んでサービスすることで、リピートを図るのが狙いなのでしょうね。

 

 

お客さんはそれを敏感に察知するので、自分はここでは特別な存在だと考えるようになります。なので大声で大将と話して見たり、メニューには無いツマミを注文したり好みを言ったりするのでしょう。

うちの鍼灸院に来るお客さんもこのお店の常連なのでしょう。自分がしてもらっているようなサービスを他のお客さんにもすると思ったのかしら。沢山お金を落とすのだから多少の贔屓は当たり前としても、他のお客さんを不快にさせるようなサービスを接客業がして良いのやら。

私は常連さんが偉そうにしているお店でゆっくり飲みたいとは思わないので早々に退散しました。常連さんこそ控え目にってのが格好良いと思うんだけどな。

 

 

当院の常連さん

うちのお店はお客さんに恵まれている、と言うのが私と嫁さんとの共通認識。本当良い方ばかりです。以前ダブルブッキング(2重予約)をしてしまった時も、常連さんは怒ることなく次の予約を取って帰ってくれたし、忙しそうな時間帯を避けて予約を取ってくれるのも常連さんです。

沢山来院してくれて沢山お金を落としてくれているのに、尚且つ気遣いまでしてくれるなんて本当人間が出来てます。そんな事をされると、こちらもいつかご恩返しをせねばとご恩に報いる機会を狙っています。

常連さんがうちのお店の雰囲気を作ってくれていると言ってしまって良いでしょう。この方達の期待に答えるためにも私はもっと精進せねば。

お店側の姿勢はお客さんを見れば分かります。どんなに取り繕って外見を良くしても、通ってくれる常連さんが下品であればお店の中身はたかが知れていると思われて仕方がありません。

当院はこれだけお客さんに恵まれているのだから、きっと店主の姿勢が正しいに違いありません(笑)

 

 

当院はマナーに厳しい鍼灸院です

うちはかなりマナーに厳しい鍼灸院です。予約時間に連絡もなく遅れたら注意もしますし施術時間も短くなります。なので遠方から来院される方は早めに近くまで来て時間調整をしてくれているようです。

挨拶の出来ない中学生・高校生には挨拶指導もします。幾らスポーツが出来ても礼儀が出来ていない人間は底の浅い人間に見られますからね。

鍼灸院もサービス業の一環なのだろうけど、私は特にサービスもしないしヨイショもしません。偉そうにする気もありませんが、横柄な態度をされてニコニコもしません。人間同士の付き合いです、自分がされて嫌な事は他人にもしないのが鉄則。

人間として認め合った姿勢でお互い望みましょう。そうすればお互い不快になるようなことは起こりませんからね。

 

 

いつも目を光らせてます

私は食べたり飲んだりが好きなので飲食店での話が多くなるのだけど、どこに行っても常に店員さん・店主さんがどんな思いで接客をしているのか、その行動にどんな意味があるのかを考えながら観察しています。

そして自分ならどうするか常に置き換えて考えています。個人店の店主さんはそれぞれに考えが違っていて面白いわ。

何が正解なのかは分かりませんが、自分なりに答えを導き出して行動した結果が、うちの鍼灸院の姿勢として表れているのでしょう。きっと正解など無いのでしょうね、合うか合わないかがあるだけです。

最近はWebサイトを見て来院して下さるご新規さんが少しずつ戻って来たけども、どこを参考にして当院を選んで下さったのでしょうか。今度詳しく伺ってみようっと。顔がタイプだったからって答えを期待しています(笑)

 

 

 

 

 

 

院長のブログ;サスライのハリ師、今日も行く!

受付(妻)ブログ;朝日に向かって走りたい!

広島の不妊鍼灸・ゆうこん堂

 

ゆうこん堂鍼灸院
◎営業時間 月~金 9:00-12:00 15:00-20:00  土曜 9:00-18:00 ◎住所   広島県安芸郡海田町南本町6-3コーポタカヤマ101 ◎電話   0825552099 ◎定休日  日曜日(詳しくはHPで確認下さい) ◎駐車場  1番と2番

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top