技術だけでは経営は成り立たない、経営センスも必要

当院の魅力と特徴

 

◆鍼灸師が経営者になる時

 

言うまでも無く、私は「ゆうこん堂鍼灸院」と言う治療院を経営する個人事業主です。鍼とお灸は別々の国家資格で「鍼師」と「灸師」の両方の資格を取ったものを「鍼灸師」と呼びます。

国家資格なので一応3年間専門学校に通い、国家試験に合格する必要がある。重要なのは、専門学校の3年間だけでは人を治療する事は出来ないってこと。

どんな仕事もそうでしょうが、ある程度の修行無くして簡単に開業なんて出来るもんじゃありません。

そしてもう一つ大事なのが、開業はあくまでもスタートであってそこから自分がどうするのかが大事。

・どこの場所に施術をするのか

・店舗にどの程度お金を掛けるのか

・ベッドを何台置くか

・保険治療をするのか、実費治療にするのか

考えたらキリがないほど決断することは沢山あります。鍼灸専門学校ではそんなこと全く教えてくれません。全て自分で考えて決断を下さないとならない、一介の鍼灸師が経営者になるのだから一気にハードルが上がります。

 

 

ここに鍼灸師が開業をする一つの難しさがあります。これまで経験のない鍼灸院経営のかじ取りを一挙に引き受ける大変さは、やった者にしか分かりません。

 

 

開業してからが問題

 

それでも開業まではお金さえあれば誰でも出来ます。有り金はたいて立派な治療院を作ることも可能です。でもそこからが真の苦労の始まりです。

鍼灸学校を卒業して修業先で鍼灸施術の経験があっても、いざ自分が経営者になってみると施術が怖いのです。経営者と従業員では同じような仕事をしていても心構えも責任の重さも雲泥の違い。

お客様はお金を払って自分の悩みを解消しに来たのだから、よくならないと次は無い。毎回施術の度に自分の腕が試されます。次も来院して貰えるように努力するのだけど、最初は施術に必死で患者さんが見えてない。

でも無料で友人や家族の施術をしても決して技術は習得できません。 「お金を頂く」 ってことがミソ。お金を頂きながら施術をして→症状が改善されないと怒られて→患者さんが帰ってから勉強して→また施術に立ち向かう。

 

 

試行錯誤を繰り返すことによって技術は身についていくのです。

 

 

◆技術だけでは経営は成り立たない

 

うちのような「癒し系ゼロ」で「鍼灸専門」で「保険の効かない」店は、求められているものが高いので毎日気が抜けません。

この時期でも汗びっしょりになって一日に3回もシャツを換えることもあります。正に汗水たらして働いてるわけです(笑)

個人事業主なので技術力向上だけを考えていたのではお店は立ち行かなくなります。鍼灸治療をする事だけが仕事ではありません。掃除洗濯に始まり、在庫管理や資料作成、ハガキを書いたり模様替えをしたり。

お客さんに今の状態を説明して・どんな方針で施術をして・何回くらい通って貰えれば結果が出るのかお話しするのも大事な仕事の一つ。

うちの場合はまだ嫁さんが経理やホームページ作成、資料の作成のお手伝いもしてくれるので
一人でやっている治療院よりは時間の確保が容易です。その分私が力を注いでいるのは、「読書」

 

IMGP1402

 

読書と一概に言いましたが、これが非常に重要。鍼灸本や健康や身体についての本を読むのは当たり前。そんなのは最低限必要な事なので誰でもやってると思います。私がよく読むのは「指導」や「教育」に関する本。

 

 

呼吸するように本を読め!

 

これは中学生くらいからやってくる子供たちに向けて、鍼灸治療だけで無く何かアドバイスが
出来ることは無いかと読み始めました。スポーツ選手が多いので「栄養」や「食事」に関する
本も読みます。

勿論経営者なので、「経営」に関する本も読みますしホームページを作成しているので「SEO」「SEM」「LPO」「KPI]なんて言葉にも興味津々。元々読書が趣味のインドア派なので(常連さんは笑うところですよ)自分の趣味の本も合わせると年間400冊ほどは読むでしょうか。

本からの知識が全て実践で使えるとは思いませんが、知らないより知ってた方がましでしょ。これも立派な仕事の一つだと考えています。

 

小さな鍼灸院を経営するのにも結構な労力が必要なのですよ。これから治療院を始めてみようかと考えている新規参入者の方、やれば何とかなるだろうと安易に考えていませんか?

厳しい業界を生き残っている既存治療院は色々と頑張っているのですよ。それなりの覚悟を持って立ち向かって来て下さいね(笑)

とは言え、うちもまだ開業5年目に入ったばかりの新米。しっかりと根を広げていけるよう、益々の努力が必要ですね。これからも頑張っていきますよ!

 

 




 

 

当院の魅力と特徴その他の記事はこちら

 

広島ブログ

院長のブログ;サスライのハリ師、今日も行く!

受付(妻)ブログ;朝日に向かって走りたい!

広島の不妊鍼灸・ゆうこん堂

ゆうこん堂鍼灸院
◎営業時間 月~金 9:00-12:00 15:00-20:00  土曜 9:00-18:00
◎住所   広島県安芸郡海田町南本町6-3コーポタカヤマ101
◎電話   0825552099
◎定休日  日曜日(詳しくはHPで確認下さい
◎駐車場  1番と2番

 

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

鍼灸院を開業・経営していくために
呉市からの来客多し、ターゲット地区に加えたいな

  目次呉市から集客したい問題は距離と土地勘鍼灸の良さを引き出せるようにお薦めの記事関連 …

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。