営業時間を拡大し過ぎて大きな失敗を犯しました

お知らせ

診療時間が長過ぎる

去年の4月くらいから、営業時間の変更を行いました。

それまで木曜日午後と祝日がお休みだったのだけど、木曜午後は日曜日に試合がある方達には一番診て貰いたい曜日。前々から開けて欲しいと要望がありました。

祝日に関しては、土曜日が予約でいっぱいになる事が多く、少しでも土曜日に入れないお客さんを祝日に取り込もうと思い、木曜午後と祝日と両方を開けて見る事にしました。

軌道に乗らなきゃ元に戻せばいいやと安易な考え。それでも木曜午後は要望が多かったのですぐに浸透し、今では木曜午後は1週間の中でも忙しい曜日と分類されています。

それに反して祝日はちょっと苦戦して、去年はほぼ祝日は予約が入らず。今年に入って少しずつ祝日も診療中なのが浸透して、徐々に増えて行っています。

ところがここに、大きな落とし穴が!

 

 

結局はバラけただけ

最近土曜日が去年までの勢いが無いなと思っていたのですよ。それで、過去3年間にさかのぼって何曜日の何時にお客さんが多いのが一つ一つピックアップしてみたのです(集計好きの暇人)

すると、とんでもないと言うか思っていた通りの事実が。土曜日は去年よりも平均で1.0人お客さんが減少してました、一昨年から比べると平均1.5人のマイナス。そしてマイナスになった分が祝日に流れてました。

最近は金土日・土日月の3連休のお休みのパターンが多く、土曜日前後の金・月の祝日にお客さんが流れた分、土曜日の入りが少なくなっていたのです。

そして木曜午後に関しても、沢山入って良かったと手放しには言えず、以前は木曜午後が休みなので、水曜日と金曜日の午後にお客さんが多かったのに、今では水・金の客入りが悪くなっていました。

つまりは、お客さんの選択肢が増えた分、曜日や時間帯がばらけただけで、集客に大きな増加はありませんでした。

これって私の休憩時間が減っただけで、鍼灸院にとってプラスは何もありません。お客さんは選択肢が増えて良かったと言う見方もあるけども、私が元気じゃ無いとお客さんも嬉しく無いでしょう。

 

 

 

軌道修正して行きます

完全に戦略ミスでした。おまけに最近は昼休憩時間や20時以降に予約を入れる事が多く、ほぼ1日鍼灸院内に張り付いていないといけない状態に。これは見過ごせない状況ですよ。

私、この仕事大好きですが息抜きしないと窒息してしまいます。仕事漬けの生活だと抑揚が無くって毎日が楽しめませんからね。

どこかで軌道修正しないと身体が持ちません。今年の予約状況を確認してみると、火曜日午後からの予約が一番少なくなっています。この辺りが休みの候補かな。

それともこれまで通り休みを少なくしておいて、月に1、2回自分が休みたい時にお休みするスタイルも良いかなと検討中。祝日はお客さんが定着してきたので、これまで通り続けます。

要は私自身がリフレッシュ出来て有意義に休めれば良いのです。曜日にこだわる必要は無いかなと思ったりしています。どちらにせよ、来年は確実にお休みを増やします!

 

 

 

小さな修正を繰り返して

嫁さんと2人でやっている小さな鍼灸院なので、幾らでも方向転換は出来るのです。小回り効くのが自営業者の強み。どんどん修正して行きます。

お休みがコロコロ替わって分かりにくいよって思っているあなた、覚えなさい!うちに来院する限り、うちの法を守らないといけないのです。最近ゆっくり本を読む時間も無いんだから。

来年4月の10周年に向けて、ありとあらゆる見直しを行っています。数え上げたら100や200じゃ効かないくらいの細かい修正を行っています。お休みのその修正の一つ、またコロコロと代わるかもしれませんが、それも当院の魅力の一つと考えて下さいませ。

来年はカナダ旅行には行かないから、安心してね♪

 

鍼灸院を開業・経営していくために
呉市からの来客多し、ターゲット地区に加えたいな

  目次呉市から集客したい問題は距離と土地勘鍼灸の良さを引き出せるようにお薦めの記事関連 …

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。