◆痛くなるのは何が原因か

埼玉から単身赴任でいらしている男性サラリーマン。

ランニングは前からしていたけど、トライアスロンを始めたのは広島に来てから。

なのでトライアスロン歴3年。それでも皆生トライアスロンは100位ちょっとで完走してる。

だけども最近膝の皿の内側が痛くてランニングが出来ない。

力も入らないから筋トレも出来なくて困ってると悲愴な顔でいらっしゃいました。

練習が出来ないってツラいですよね。何せ趣味ですから。

でもね、無理をしても始まりません。まずは痛みを取らなくちゃ練習になりません。

話しを聞いてみると膝のお皿の内側が痛むらしいが、私が触ってみるとどうやら大腿四頭筋が悪さをして痛みをだしているようだ。(詳しい説明はこちら

何故お皿が痛いかと言うと色々な場合があるのだけれど、この場合は筋肉が引っ張ってるから。

大腿四頭筋と言う太ももの前側にある筋肉が弱って縮むと、筋肉は骨にくっ付いているのだから引っ張られた部分が痛みます。

痛む箇所はお皿の部分だけど、悪さをしているのはそれを引っ張ってる筋肉ってわけ。分かるかな?

 

トライアスロン

◆自分の身体を触ってみよう

トライアスリートだったら自分の身体を触ってみましょう。
思いもよらない所がコリコリしてると思います。そのコリコリはあなたにとって大敵です。

筋肉は本来柔らかい状態が普通です。そして力を発揮したい時に縮んで力を発揮するのです。

コリコリしてるのは筋肉が端から縮んだ状態だってこと。本来力を発揮したい時に最初から縮んじゃってると力を発揮できませんよ。

全身のそのコリを取るのに鍼灸は大変お役に立てます。表層筋も深層筋も鍼灸なら狙い撃ちに出来ますからね。

当院は全身治療のみです。この選手も最後に痛みを確認して、あれれっ、さっきまで痛かったのに痛みが無い。

って言って貰って終了。私は引っ張って悪さをしてる筋肉をちょっと緩めただけですよ。

大したことありませんよと言いつつ、結構嬉しかったりして♪

鍼灸師は交通整理のプロフェッショナル

鍼灸師は身体のあちこちで滞っている血流の交通整理をするプロフェッショナルだとお考え下さい。

心臓の力で血液は巡って行きますが、実は身体のあちこちで知らず知らずの内に血流を邪魔する悪い奴らが存在しているのです。

そこを上手く通してあげるだけで血流は改善され、痛みの原因を元から正すのが我々の仕事。

その中でも私はアスリートの施術機会が多く、運動選手の身体の使い方を分かっているので経験は豊富です。

どんな痛みも治せるのかって言われたら自信は無いけども、少なくともトライアスリートは30人近く来ているので広島では多い方だと思いますよ。

痛みや痺れが気になる方は選択肢の一つに入れて見て下さいね♪

 

 

ゆうこん堂鍼灸院
◎住所   広島県安芸郡海田町南本町6-3コーポタカヤマ101
◎電話   0825552099
◎定休日  水曜日(詳しくはHPで確認下さい
◎駐車場  1番と2番
◎ご予約 電話及びLINEからのご予約も可能です。

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事