ゆうこん堂鍼灸院の日記

交通事故の後遺症には自賠責保険を使って鍼灸院を受診できます


◎交通事故の後遺症にも対応

運悪く交通事故に遭ってしまった場合の後遺症にも鍼灸はお役に立てます。交通事故で鞭打ち(ムチウチ)などになった場合に、自賠責保険を利用して自己負担無しで鍼灸治療が可能です。

自賠責保険が適用された場合には、患者さんの自己負担はありませんので安心して通院して頂けます。

 

◎自賠責保険とは

自賠責保険は俗に「強制保険」とも呼ばれ、自動車やバイクを運転する場合に法律で加入することが義務付けられている(強制されている)保険です。最低限の救済を行うことが目的の保険なので補償範囲は限定的で、事故の相手方の身体に関する損害しか補償の対象となりません。また、支払限度額も被害者1人当たり120万円と限定的となります。

自分は保険に入っていないのでは無いかと心配の方も多いようですが、自賠責保険は免許証を持ったドライバーなら必ず加入しています。安心してご来院頂けます。

 

◎鍼灸で対応可能な交通事故後遺症

 

頸椎捻挫(ムチウチ) 腰痛 手の痺れ 足の痺れ 目眩(めまい) 耳鳴り頭痛 吐き気 体調不良

 

◎鍼灸院を受診するまでの流れ

 

①交通事故後は速やかに警察に電話をし、保険会社へ提出する「事故証明書」を発行して貰いましょう

②病院にて医師の診断を仰ぎます。その際に必ず「診断書」を書いて貰う必要があります。

事故直後には興奮していて痛みを感じない場合もありますが、後々痛みが継続する場合があります。「診断書」は大事ですので必ず発行してもらいましょう。

※病院と併用して鍼灸施術を受けることも可能です。人身事故の場合は後日、診断書を警察に提出することになります。 診断書はコピ-しておくのが良いでしょう。

 

③事故の相手方である保険会社に連絡を取ります。その際に「ゆうこん堂鍼灸院」にて施術を受けたいと申し出下さい。

その後、保険会社が発行する書類が郵送・もしくは担当者が直接書類を持って来るので、その同意書に署名(サイン)して下さい。

④保険会社での確認が完了すると、ゆうこん堂に保険会社から電話があります。

確認後にお客様が当院への無料通院が可能になります。

保険会社の担当者様との話の行き違い、もしくは勘違いによって「保険を使っての鍼灸施術は出来ません」などの対応がなされることがあります。しかし鍼灸師資格は国家資格となり、自賠責保険にて施術を受けることが出来る数少ない施術方法の一つです(整体やカイロプラティックでは自賠責保険の認定はされません)。

もし、保険会社の担当者から「鍼灸ではダメです」などの対応を受けた場合には、当院へご連絡下さい。こちらから担当者に電話させて頂きます。

 

◎施術料金

 

自賠責保険の認定を受けた場合、お客様の施術料金は掛かりません。請求は当院から保険会社に対して直接請求させて頂きます。

 

◎施術期間

 

施術の期間や回数に特に制限はありません。ですが、基本的に3か月程度を目安に考えて頂ければと思います。

重いムチウチであっても3か月程度あれば結果は出せます。場合によっては痛みが残る場合もありますが、痛みが残った場合には3か月以降も継続してお越し下さい。週に2度の通院によりかなりの回復が見込めると思います。

施術機関が長期にわたる場合、相手保険会社から通院の中止を求められることがあります。しかし仮に症状が継続中の場合、保険会社が無理に施術を中止させる権利はありません。まずはご相談ください。




広島ブログ

院長のブログ;サスライのハリ師、今日も行く!

受付(妻)ブログ;朝日に向かって走りたい!

広島の不妊鍼灸・ゆうこん堂

ゆうこん堂鍼灸院
◎営業時間 月~金 9:00-12:00 15:00-20:00  土曜 9:00-18:00
◎住所   広島県安芸郡海田町南本町6-3コーポタカヤマ101
◎電話   0825552099
◎定休日  日曜日(詳しくはHPで確認下さい
◎駐車場  1番と2番

 

 

Top