ゆうこん堂鍼灸院の日記

ウェブサイトは不幸な出会いを生まない為にあるのです


◆鍼灸院によって得意疾患・苦手疾患がある

鍼灸院には色々な症状の方がいらっしゃる訳ですが、中にはちょっと当院では扱いきれませんよって症状でいらっしゃる方もいるのです。「薄毛を改善したい」「肝臓の数値を下げたい」「癌を治したい」これらは得意疾患として施術科目に入れている鍼灸院もあります。だけど当院では治せない。




鍼灸院でも得意疾患は分かれます。内臓疾患を得意としているところもあれば、「癌専門」「腱鞘炎専門」「腰痛専門」「眼科疾患専門」の鍼灸院もあります。専門科目が細分化されるほど、その疾患の方が多く集まるのでますます専門家されていく。

なので細分化されることは良いことだと私は思っています。当院では筋肉に関係する疾患が得意で「痛み」や「痺れ」に関することならご相談くださいとホームページにもブログにも明記してあります。「血流障害」も筋肉が固く収縮して毛細血管を押しつぶしていることが関係しているので、これも得意疾患の一つ。

%e7%ad%8b%e8%82%89%e3%81%ae

不妊や逆子を診ますよと言ってるのも血流障害を改善すれば治る可能性があるから。

逆に内臓疾患は苦手です。肝臓の数値とか癌を治したいと言われてもどうすれば良いのか困ってしまいます(一応癌に良いとされる枇杷の葉エキスは作って常備してありますが)

症状を改善したいと願って来院されるのに、治せませんじゃあ困ります。だけど実際には私自身が思いもよらなかったようなお悩みの方がいらっしゃるのです。

 

◆治療院は最低限の情報をウェブサイトに記載すべし

 

そこで提案なのですが、治療院は最低限ホームページは持つべきだと思うのですよ。そしてそこに得意疾患を明記しましょうよ。何でも治せますってファミレスじゃないのだから個人でやってるのに無理があります。飲食店にも「寿司屋」「ラーメン屋」と明記してありますよね。

 

%e5%af%bf%e5%8f%b8%e5%b1%8b

 

治療院も得意分野が何であるか明記してあれば不幸な出会いを防ぐことが出来ると思うのですよ。その方が双方にメリットがあります。ブログやSNSはホームページで言い切れないことを補助するものなので、これはあっても無くても良し。最低限の顔写真・料金・得意疾患は書くべきです。

治療院と患者さんが不幸な出会いをしないためにウェブサイトはあるのだと最近理解しました。なので当院のウェブサイトでは誇張も見栄も張りません。内容を吟味した上で自分に合っていると思えばご来院下さい(完全予約制なので、予約してからね)。

内臓疾患の得意な鍼灸師さんは沢山いらっしゃいます。なので「血圧を下げたい」「胃の調子を整えたい」と言う方は、当院を選択肢から除外すれば良いのです。私としても「とにかくどんな疾患でも診ますよ」なんて思ってません。効果を上げることが出来る可能性が高い疾患が集まった方がお互いの為です。

双方が素敵な出会いになるように、治療院も努力して行くべきです。選択肢の一つとなるよう、当院でも最低限の情報はアップして行きます。でも誇大広告には気を付けてね♪

痛み・痺れ・血流障害に特化した鍼灸院

 

当院の得意疾患は肩こり・腰痛・膝の痛みを代表とする痛みの疾患。坐骨神経痛・腕や足の痺れなど痺れの疾患。不妊・逆子・冷えなど血流障害の疾患に特化した鍼灸院です。

頭痛や眼精疲労・腱鞘炎などもこれに当てはまります。ご自分ではどこの治療院に行けば良いのか判断が付かない疾患があれば、お電話かメールにて質問して頂ければ出来る範囲で回答します。

要はお悩みの症状が改善すれば良いのです。自分の症状とマッチングする治療院を探しましょう。

 



ゆうこん堂鍼灸院HP

朝日に向かって走りたい!

ゆうこん堂ブログ

広島の不妊鍼灸・ゆうこん堂

ポチッと押してね!

Top