イソフラボン摂取!おからクッキーレシピ

鍼灸豆知識

おからクッキーで女性ホルモンアップ!?

大豆イソフラボンは体内で女性ホルモン(エストロゲン)と同じような働きをすると言われています。

大豆イソフラボンを食品から摂取するには「豆腐・豆乳・納豆」などすぐに思いつくと思いますが、お菓子に入れてちょっといつもと違う摂取の仕方をしてみてはいかがですか。冷え性予防に糖類を控えている方にも必見です。

おからクッキー
【おからときなこのクッキー】

クッキー

*材料*(30枚くらい)

おから 70g

きなこ 20g

ベーキングパウダー 小さじ1

以上A

 

バター 70g

きび砂糖 50g

卵 1ケ

くるみ 30g

①バターは室温において柔らかく、または電子レンジの200Wで様子見ながらやわらかくする。くるみは刻んでおく。

②ボールにバターを入れて、クリーム状に練り、きび砂糖を加えてすり混ぜる

③溶きほぐした卵を2~3回に分けて加え都度混ぜる。おからとくるみを混ぜる

④Aの粉類をふるい入れてさっくり混ぜる。そのまま30分冷蔵庫で冷やす

⑤一口大に丸めてオーブンシートを敷いた天板に並べ、上から押さえるつぶす。生地が温まって手につくようなら、スプーンですくって押し付けても良い。

⑥170℃のオーブンで20分くらい焼く。まだ生っぽかったらさらに5~10分焼いて下さい。

前腕

イソフラボンは更年期障害特有の症状(頭痛や不快感)の緩和や活性酸素除去効果などによる

アンチエイジングにも期待できるようですよ。

今回は特別に「院長妻」がお送りしました。

 

広島ブログ

院長のブログ;サスライのハリ師、今日も行く!

受付(妻)ブログ;朝日に向かって走りたい!

広島の不妊鍼灸・ゆうこん堂

ゆうこん堂鍼灸院
◎営業時間 月~金 9:00-12:00 15:00-20:00  土曜 9:00-18:00
◎住所   広島県安芸郡海田町南本町6-3コーポタカヤマ101
◎電話   0825552099
◎定休日  日曜日(詳しくはHPで確認下さい
◎駐車場  1番と2番

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。