ゆうこん堂鍼灸院の日記

ゆうこん堂が他の鍼灸院と違う点とは


得意分野を伸ばして差別化を図る

鍼灸専門院なるものを経営させて頂き早5年。

この業界においては開業して5年なんて下っ端もいいところ。30年、40年と地元に根付いて頑張っておられる先輩方から見れば私は若造です。

若造ですから先輩たちと同じことをしていては、いつまで経ってもうだつが上がりません。若造であっても経営者の端くれですから、生計を成り立てていかねばなりません。どこで他院と差別化を図り、どの分野で秀でていくか開業当初からずっと考えておりました。

開業当初の私は得意分野と呼べるものはありませんでした。強いて言うならスポーツマンが練習や試合で疲労が蓄積され足腰を痛めた「スポーツ障害」という分野であれば鍼灸の先輩にも引けを取らないという思いだけでした。

よって「スポーツ障害」をホームページでも前面に押し出し、地元の中学生高校生を中心に仕事をさせて貰っていました。確かにクチコミで学生は増えてきましたが、うちの鍼灸院の近くに身体を壊すほど練習をしている中学生や高校生がそう沢山いる筈も無く、徐々に増えてはいるがそこそこの来院数でした。

 

夫婦で営む鍼灸院

正直開業1年目や2年目は財政は火の車。貯金を切り崩しながら何とか鍼灸院を続けていくといった冴えない状況でした。

そこで考えたのが「夫婦でやっている鍼灸院」というキーワードを前面に押し出す作戦。

他院では男性単独でやっている治療院が多い中で、ゆうこん堂は夫婦でやっているので女性が常駐していて安心というイメージを持って貰えます。これが功を奏し、女性客が徐々に増えてきました。

そしてここで二次産物。「不妊」や「逆子」の患者さんが増えてきた事です。「逆子」はホームページのキーワードとして使っていましたが、開業2年目の終わりまで「不妊」は責任が重過ぎるテーマなので受けておりませんでした。

しかし近所の方でどうしてもやって欲しいという依頼を受けてから、こちらも奮闘。何とかお力になりたいと資料を漁ったり他院がやっている鍼灸施術を偵察に嫁さんを送り込んだり、東京の不妊専門鍼灸院にも何度か行ったこともあります。

そうやって夫婦2人で奮戦していると、どこで誰が見ているのか次々と依頼がやってくるのです。子供を授かりたいと思ってやって来られる方ですから、向こうは必死です。
こちらが中途半端にやっていたら、すぐに相手に伝わってしまいます。だからこちらも必死です。試行錯誤しながらやっていると結果も付いてきて、上手く妊娠→出産にまで行き着ける方が多くなってきました。

勿論全て上手くいくわけではありません。志半ばでいらっしゃらなくなる方。泣く泣く治療を諦める方。相性が悪かったのか一度でいらっしゃらなくなった方などさまざま。

しかし沢山の方を見ていると、それだけのノウハウも蓄積されてきます。このタイプの方はこうしよう、ああしようとこれまでのデータを元にある程度の方針が立てられるようになるものです。

最初は全く未知の領域に踏み込んだものが、こうして5年経つとこのノウハウが見事に私の武器の一つとなりました。この他にも、出産後の抱っこ疲れによる肩こり・腰痛・腱鞘炎。育児ノイローゼでどうしたら良いのか分からない。なんて方も何故かうちにいらっしゃいます。
「夫婦でやってるから安心できます」
と直接仰って頂ける方も多くいらっしゃいます。

施術をする人間は私ですが、嫁さん無くては成り立たない仕事となってしまいました。
「夫婦で営む鍼灸院」はこの5年間でゆうこん堂にとっては欠かせないキーワードとなってしまいました。つまり、これが他院が真似できない差別化であり、大きな特徴となっているのです。

 

まだまだ若造ですから、技術も知識もこれからもっと伸ばしていくつもりです。今年もまた、頑張りますよ♪

友だち追加数

院長ブログ>> http://hiroki3176.blog80.fc2.com/

受付(妻)ブログ>> http://blog.goo.ne.jp/cshiho33

広島の不妊鍼灸・ゆうこん堂

ゆうこん堂鍼灸院
◎営業時間 月~金 9:00-12:00 15:00-20:00  土曜 9:00-18:00
◎住所   広島県安芸郡海田町南本町6-3コーポタカヤマ101
◎電話   0825552099
◎定休日  日曜日(詳しくはHPで確認下さい)
◎駐車場  1番と2番

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top