ゆうこん堂鍼灸院の日記

どんな治療院に行っても首の凝りが取れたことが無い


◆首の凝りが取れたことが無い

最近週に2回は来院されるお客様。

某大手自動車メーカーにお勤めで、難しい設計のお仕事をされています。この方、とにかく首が凝っていて、鍼灸院や整体・マッサージなどあらゆる治療院に通ったけど、この首を改善してくれる所は無かったとの事。

 




 

触ってみると、確かに仰る通り凄い硬い首です。自分自身で自信持って悪いと言い切る気持ちが分かります。筋肉がカチカチに固くなると毛細血管が潰れて血液の行き渡しが出来なくなります。そうすると悪くなった箇所には血液が行かなくなるので身体にとって必要な酸素や栄養素が行かず、悪いところは悪いままになってしまいます。

鍼灸はそうした流れの悪い個所の交通整理が得意、固くなった筋肉を緩めて毛細血管を広げ、身体にとって必要な栄養を行き渡らせる事が出来ます。本人が自覚していない所の交通整理も私は行って行くので、全身に鍼灸施術を行います。お節介な交通整理人です。

こうしたガチガチ自慢さんには当院では秘密道具を用意しています。

◆鍼の太さも色々

当院では沢山の種類の鍼を用意しています。長さも太さもお客さん状況を判断しながら選んでいきます。普通の鍼灸院では00番と言う本当に髪の毛ほどの細さしかない鍼をよく使うようです。そこから0番、1番と番号が上がるたびに、直径で0.02㎝ほど太さが増して行きます。

私が鍼灸学校で打ったことがあるのは5番まででした。そして5番以上の鍼は必要ないと思っていました。それが徐々に変人アスリートが集まるようになると、普通の鍼では対応出来ない程ガチガチに筋肉が固まった奴らが集まって来て、開業3年目、4年目と経つうちに、より力強い鍼を求めるようになりました。

rp_a856360b2d7f615ace14dc14de8b9935-300x225.jpg

上矢印

これが1番の鍼。鍼のイメージが悪くならないように、細い鍼を撮影しました。

これよりも細い鍼もあります。

15番

上矢印

分かりにくいですね、これ特注の15番の鍼

◆用途を使い分け

 

当院では人によって鍼を使い分けています。最初は1番とか3番の細い鍼を。そして2回目以降は症状と鍼の好き嫌いに合わせて鍼の太さを変えて行きます。太ければ良いってものではありませんが、運動し過ぎのアスリートの腰痛などはある程度の太さが無いと目的の位置まで鍼が入って行きません。

当院の鍼はある程度の深さまで入れます。お尻の深いところでは4cm以上鍼が入ります。場所によって深さは違いますが打つ場所によって鍼を打つ角度も深さも刺激の仕方もそれぞれ変えて行きます。

一般の方には5番以上の鍼を使うことはほぼありません。そんな刺激入れなくても、十分にうちの鍼は効きます。それでも中には細い鍼では対応できない方もおり、今回の男性も5番鍼では入らず。もう一つ番手をあげて8番の鍼で対応しました。

 

首筋の筋繊維を切るように鍼を入れて行くと、刺激はありますが奥に入っていく感覚が非常に気持ちが良い。特に長年コリで苦しんで来た方にはたまらない刺激です。中にはヨダレを垂らしながら施術を受ける方もいらっしゃいます。

鍼治療

今回の男性もこんな感覚初めてだと仰ってました。アスリートが多いので用意した太い鍼が一般の方にもお役に立てるなんて光栄です。今回はこんな事も出来るんだよってお話でした。

一般の方には優しい鍼を行いますので、ご安心を♪

 




 

 

広島ブログ

院長のブログ;サスライのハリ師、今日も行く!

受付(妻)ブログ;朝日に向かって走りたい!

広島の不妊鍼灸・ゆうこん堂

ゆうこん堂鍼灸院
◎営業時間 月~金 9:00-12:00 15:00-20:00  土曜 9:00-18:00
◎住所   広島県安芸郡海田町南本町6-3コーポタカヤマ101
◎電話   0825552099
◎定休日  日曜日(詳しくはHPで確認下さい
◎駐車場  1番と2番

 

 

Top