「ゆうこんどう」って意外に安易なネーミングだったのね

院長の独り言

 

2つと無い名前のはずが

 

お店の屋号を決めるのって凄く大変なんです。これからお店が消えてなくなるまで、ずっと屋号とお付き合いする訳です。店名を決めるのに時間が掛かるのは当たり前ですよね。

私も屋号を決めるのに散々悩みました。覚えやすくて・親しみがあって・ありふれた店名ではダメでなんて考えてたら、1か月経っても決められません。嫁さんと散々激論を交わした末に2人が共通して訪れたことがあるユーコン準州を流れるユーコン川から名前を頂くことにしました。

 

↑      ↑      ↑

看板はユーコン川をイメージしてます。森と青いラインがユーコン川を表しています。友人の渾身の作!

 

いつか家族でユーコン川の川下りをしようという夢を込めて、平仮名で「ゆうこん」。それにみんなが集まる場所と言う意味のある「お堂」を付け加えて「ゆうこん堂鍼灸院」と名付けました。

お客さんからは最初、「ゆうこりん堂」とか「ゆうこ堂」とか言われ、芸能人が好きなのねとか・奥さんの名前から付けたのねとか言われましたが、自分たちとしては非常に気に入った日本にはあり得ない店名だねと鼻高々でした。

 

 

意外と多い「ゆうこんどう」

 

「ゆうこんどう」なんて普通は名付けないじゃないですか。ユーコン川を知っている人は多くても、それを店名にしようと考える人なんて多くないし、唯一無二の名前と考えていたのに大きな落とし穴がありました。

世の中には「近藤ゆうこ」さんだったり、「今藤ゆう」さんだったりの名前を持つ方は大勢いるようで、その方たちがTwitterやブログで「ゆうこんどう」と名乗るケースがあったのです。

スマホ検索の今の時代、「ゆうこん堂」と漢字が入るより「ゆうこんどう」と平仮名で一発検索出来た方が良いに決まってます。私は「ゆうこん」の後は必ず感じの「堂」を入れてるから、全部平仮名だと検索順位が落ちるのよね。

検索方法まで考えて屋号なんて考えないから仕方が無いか。鍼灸院なんて技術で勝負なのだから検索順位なんて関係ないのだけど、屋号を平仮名にしたのだから、平仮名で検索上位に来て欲しいスケベ心が働きました。

皆様が「ゆうこんどう」と平仮名で当院を探して貰えれば検索上位に表示されるかも。お暇がある時にやってみて下さい(笑)

 

 

このブログのタイトルも

 

このブログのタイトルも、色々と悩んでも決まらずにいました。考えるのが面倒なので「ゆうこん堂鍼灸院の日記」として書いてきましたが、これだと検索結果にホームページが表示されたのか・ブログが表示されたのか分からなくなってきました。

それでタイトルを変更し、「ゆうこんの鍼灸ブログ」に変えてみました。院内では私を先生と呼んで下さる方と、名字で呼んで下さる方、それに「ゆうこんさん」と呼んでくれる方の3パターンに分かれるので、「ゆうこんさん」から取りました。

ちなみに、「ゆうこんさん」なる芸能人の方もいるようで、「ゆうこんさん」で検索すると格好良いお兄さんの顔写真まで沢山出てきます。他とはかぶらない名前だと思っていたのに意外と多いことにビックリでした。

ブログのタイトルはSEOにはとっても大事なので簡単に変えないものなのだけどね。もうこれで落ち着きました。変更はしません!

 

 

個人ブログの名前も

 

11年続く個人ブログは「サスライのハリ師、今日も行く!」と言うのだけど、このタイトルは非常に気に入っています。最初は「流離」と書いていたのだけど、読めない人がいると困るのでカタカナに変更しました。

実は同じタイトルでブログを書いている鍼灸師さんもいるようです。ネーミングセンスが同じだなんて感激です。最近は流離うことも無く院内で落ち着いていましたが、カナダ旅行に行けたので少しだけ揺れる事が出来たかな。

私のような凡人が考えるネーミングセンスなんて、ありきたりで当たり前ですね。流離って無いのでプレゼントしても良いくらいです。

 

 

名前を決めるのは難しい

 

子供たちの名前を決めるのも散々悩んだし、私にはネーミングセンスが無いのね。ブログタイトルくらいサッサと決めるよって感じですが、やっと落ち着きました。

家族でユーコン準州に行ってみて、改めて好きになったので「ゆうこん」は何処かに付けたタイトルでいたいと思います。

 

 

即断即決できる人が私には羨ましい。うちの嫁さんは割と決められる人なので、嫁さんの決定に従うのが一番正しい選択なのかもね。いつまで経ってもオレが平社員なのはその為か。。

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。